日銀、妥当な判断!

09月19日、日本銀行は金融政策決定会合で「長短金利操作付き量的・質的緩和」を維持することを決定。油断するとスグにどこからか「緩和を終わらせようとするバカ」が登場しますが、そのような奇声に惑わされることなく、合理的な判断を続けてほしいものです。

長期金利0%程度
短期金利マイナス0.1%

と誘導目標も据え置きとなりました。また、

長期国債買い入れ:約80兆円めど

ETF」「J-REIT」の買い入れ方針も変わらずで、結果的には全くの無風。
とりあえずはオールOKでしょう。

(柏ケミカル@dcp)

コメントを残す