結局「アメリカ・中国の通商協議」流れる!

貿易戦争の緩和として期待されていた、アメリカと中国の新たな通商協議は中国側が拒否して流れてしまいました。これは、「アメリカが間もなく発動するとした「新たな関税賦課措置」への抗議として行われました。

Money1でかつて触れたとおり、時間は中国の味方です。中間選挙の結果いかんではアメリカの政策がトランプ大統領とは反対の方向、緩和の方向になる可能性がありますし、またトランプ大統領はいつまでもホワイトハウスの主でいられるわけではありません。一方の中国は、共産党の独裁体制が短期間で崩壊する可能性はほとんどないのです。老獪な中国がトランプ後を見据えてしばらく忍従を決め込んでいるとも考えられるのです。

しかし、貿易戦争が始まってから中国への投資は激減しており、これは海外からの資金流入に依存して経済を運営している中国にとって大問題です。貿易戦争は我慢くらべの様相を呈してきましたが、こうなるとますますアメリカは不利です。

(柏ケミカル@dcp)

コメントを残す