トランプ師匠「私は関税マンだ」

G20におけるアメリカ合衆国と中国との会談が、結果どうなったのかについて憶測の域を出ない事態となっています。合衆国政府と中国政府の発表がかみ合わないからです。価値観が根本のところで違いますから、短い夕食会などでは話がまとまるはずありませんね。

中国との「deal(ディール)」(取引)について、G20での会談を終えたトランプ大統領が一連のtweetを行っています。それを見てみましょう。

①12月04日06時30分のtweet

The negotiations with China have already started. Unless extended, they will end 90 days from the date of our wonderful and very warm dinner with President Xi in Argentina. Bob Lighthizer will be working closely with Steve Mnuchin, Larry Kudlow, Wilbur Ross and Peter Navarro…..

中国との交渉はすでに始まっている。延長がなければ、交渉は90日で終了する。アルゼンチンで行った習主席と我々との素晴らしい夕食会の日から90日だ。ボブ・ライトハイザーは、スティーブ・ムニューシン、ラリー・クドロー、ウィルバー・ロス、ピーター・ナバロと緊密に連携している……

②12月04日06時55分のtweet

……on seeing whether or not a REAL deal with China is actually possible. If it is, we will get it done. China is supposed to start buying Agricultural product and more immediately. President Xi and I want this deal to happen, and it probably will. But if not remember,……

……彼らは、中国と本当に取引できるのか、その可能性を見極めているところだ。もしできるなら、我々はそれを実現させるだろう。中国が農産物等の輸入をすぐに開始するよう期待している。習主席と私はこの取引が実現することを望んでいるし、たぶんできるろう。しかし、忘れないでくれ……

③12月04日07時03分のtweet

….I am a Tariff Man. When people or countries come in to raid the great wealth of our Nation, I want them to pay for the privilege of doing so. It will always be the best way to max out our economic power. We are right now taking in $billions in Tariffs. MAKE AMERICA RICH AGAIN

……私は関税マンだ。巨大な富を狙って我が国にやってくる者たち、国々は、その恩恵への対価を支払うべきだ。それが我が国の経済力を最大限に活用する最善手なのだ。今、現在も何十億ドルもの関税収入が得られている。アメリカを再びリッチにしよう!

④12月04日07時10分のtweet

…..But if a fair deal is able to be made with China, one that does all of the many things we know must be finally done, I will happily sign. Let the negotiations begin. MAKE AMERICA GREAT AGAIN!

……だが、我々の抱えている多くの問題を最終的に解決するような公正な取引が、中国との間で結べるのであれば、私は喜んで署名するだろう。交渉を開始しよう。アメリカを再び偉大にしよう!

⑤12月04日16時20分のtweet

We are either going to have a REAL DEAL with China, or no deal at all – at which point we will be charging major Tariffs against Chinese product being shipped into the United States. Ultimately, I believe, we will be making a deal – either now or into the future….

中国と本当の取引ができるか、結局できないかのどちらかだ。その時点で、我々は合衆国に入ってくる中国製品に主要な関税を課すことになるだろう。最終的には、私はすぐに、あるいは近い将来に取引が成立すると信じているよ……

⑥12月04日16時21分のtweet

…..China does not want Tariffs!

…中国も関税を望んでないだろう。

というわけで特に目新しいものはないのですが、トランプ大統領の下、中国との交渉に当たっているのが中国に厳しい面々であることは確かで、現政権が中国に少しも譲るつもりがないことも明らかです。

アメリカがなぜここまで厳しく望んでいるかを、中国が正しく理解していない可能性はあります。合衆国企業が中国へ進出した際に「資本割合で制限を受ける」「知的財産権を譲渡するよう強要される」といった、根本的な不均衡を是正しろといっているのですが、それがピンときていないようです。中国の発展のために必要で「それの何が悪いの?」といった対応です。合衆国の圧力は中国が認めるまで続くでしょう。

①⇒データ引用元:『Donald J.Trump』Twitter 2018年12月04日-06:30
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1069962093301022720

②⇒データ引用元:『Donald J.Trump』Twitter 2018年12月04日-06:55
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1069968462724980736

③⇒データ引用元:『Donald J.Trump』Twitter 2018年12月04日-07:03
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1069970500535902208

④⇒データ引用元:『Donald J.Trump』Twitter 2018年12月04日-07:10
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1069972093301862406

⑤⇒データ引用元:『Donald J.Trump』Twitter 2018年12月04日-16:20
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1070110615627333632

⑥⇒データ引用元:『Donald J.Trump』Twitter 2018年12月04日-16:21
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1070110927788347393

(柏ケミカル@dcp)

コメントを残す