華為(ファーウェイ)の社員また逮捕! 中国国家安全保障局の元将校とのこと

カナダでCFOが逮捕されるなど、アメリカ合衆国はじめ先進国で排除が始まっている中国の「華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)」ですが、去る01月11日今度はポーランドで同社の社員の逮捕が報じられました。

ポーランド公共放送の『TVP INFO』(ニュース専門のチャンネル)によると、中国人とポーランド人のペアがスパイ容疑によって逮捕、ポーランド当局に拘束されています。

中国人容疑者(中国の国民)は、中国の国家安全保障局の元将校で、華為(ファーウェイ)ポーランド支店のセールス・ディレクターを務めていたとのことです。一方のポーランド人容疑者は、ポーランド政府の通信システムにアクセスし、機密通信を含む情報に接触していたとのこと。ポーランドの安全保障局は、華為(ファーウェイ)ポーランド支店本社とオレンジ・ポルスカの事務所を捜索したようです。

もしポーランドが今も共産主義国家であればニュースにならなかったでしょうが、東欧圏も現在では自由主義陣営。今回の報道によって、中国の脅威が再確認された恰好です。

⇒引用元:『RADIO POLAND』「Poland detains pair suspected of spying for China」
http://www.thenews.pl/1/10/Artykul/401014,Poland-detains-pair-suspected-of-spying-for-China

(柏ケミカル@dcp)

コメントを残す