なんとか「閉鎖再開」は回避できそうですが……トランプ師匠はまだやる気!?

壁建設予算約57億ドルを盛り込んだ予算案でなければ駄目だと主張し続けていたトランプ大統領ですが、02月11日に行われた超党派の交渉担当者の協議は、基本的に合意に達したようです。この合意では、約57億ドルではなく、壁を約88.5km分建設できる13億7,500万ドルの予算が盛り込まれたとのこと。

また、国境警備隊は壁がどのようなものか、現在使用されているものの中からどれでも選んでもいいそうです。日本人からすれば本当にバカバカしい話ですが、コンクリ鋼鉄製かで揉めていましたので、その回答も盛り込まれたというわけです。

国境警備の名目で「230億ドル」が計上された、とtwitterで語るトランプ大統領ですが(この数字の根拠は明確ではありません)、この予算案に署名した後に「国家的緊急事態宣言」を行って(壁建設に回す)追加の予算を確保する動きに出るのではないか、という報道もあります。

国家的緊急事態宣言の是非を巡って裁判沙汰になるかもしれないので、共和党の有力議員が「ややこしいことになるからよせ」と止めているようですが、トランプ大統領のこと、やるかもしれません。ただ、とりあえず予算案が合意に達したことで「連邦政府機関の閉鎖(government shutdown)」の再開、という事態は避けらる算段が付きました。

(柏ケミカル@dcp)

コメントを残す