テスラ、01-03月四半期「赤字」の予定

久しぶりにテスラの話題です。イーロン・マスク(Elon Reeve Musk)CEOは「2019年01-03月の四半期は赤字の可能性が高い」ことを公表しました。これまで、この四半期は黒字になる想定だったのですが「無理」とのことです。

この報を受けてテスラの株は上掲のとおり「8%」超も下落(チャートは『tradingview.com』より引用)。マスクCEOは、同時に廉価版model-3』の投入、幾つかの店舗の閉鎖などを公表しましたが、黒字化の達成は次の四半期に持ち越されるようです。

もっとも次の四半期で黒字になるかどうかは誰にも分かりませんけれども。中国に工場を新設するテスラは、中国の経済状況に多大な影響を受けるでしょうから。

(柏ケミカル@dcp)

コメントを残す