イールドカーブ yield curve

イールドカーブ yield curve

イールド曲線と呼ばれることもある。日本語では「利回り曲線」と訳される。

債券などの利回りの変化を償還期間(残存期間)の違いによってグラフ化したもの。横軸に時間(償還期間の残存時間)、縦軸に利回りをとってプロットする。普通は、償還期間(残存期間)の長い債権ほど利回りが良いので、イールドカーブは右肩上がりになる。

例えば、日本国債のイールドカーブ(2016年12月2日)を見ると下のようになる。
%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%9b%bd%e5%82%b5%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%96

データ出典:『investing.com』
投資用語解説Topに戻る