J-REITとは?

J-REIT 不動産投資信託

J」が頭についているのは、Japan(日本)の「J」で、日本版のREITという意味。「REIT」はReal Estate Investment Trustの略で「不動産投資信託」と訳される。

もともとREITはアメリカで作られた。投資家からお金を集め、その資金で、オフィスビル・商業施設・賃貸物件などの不動産を購入、ここから上がってくる利益を投資家に分配するという金融商品である。もともとが不動産資産なので、地価が上昇するとその利益も上がり、分配金も多くなる。J-REITも不動産を基にした金融商品という点では同じ。

投資用語解説Topへ