毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
トピック

日本は祝日ですがアメリカ株式反発!

21日は日本市場は祝日でお休みでしたが、アメリカでは20日の株式市場は反発。債券は(そりゃそうでしょうけど)下落しました。NYダウ30種は「+116.36ドル(+0.47%)」、S&P500は「+4.02ドル(+0.15%)」、ナス...
基礎知識

「景気循環を恐れてはならない」というフィッシャーの言葉は正しいか!?

「長期投資を考えるのであれば、景気循環での下落局面を恐れるべきではない」とは多くの識者が示唆するところです。Money1でも紹介したことのあるフィリップ・A・フィッシャーは、『株式投資で普通ではない利益を得る』の中で、次のよ...
基礎知識

「バリュー投資」とは?

「バリュー投資」という言葉があります。あまりにも有名な投資家ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)※1が推奨する投資法で、これをさかのぼるとベンジャミン・グレアム(Benjamin Graham)※2と...
基礎知識

株式を購入するときに知っておくべきこと フィッシャーの「15のポイント」

投資の世界でうまく成功を勝ち取った人の言葉は傾聴に値します。賢人の言葉、考え方が著作にまとまっていれば一読すべきでしょう。今や古典となったフィリップ・A・フィッシャー(Philip A. Fisher)の『株式投資で普通では...
基礎知識

そもそも投資信託とは?

つみたてNISAの仕組みがスタートしたためか「投資信託」に注目が集まっています。そもそも投資信託(投信と略されることもあります)とは何でしょうか?投資信託は、・投資家から資金を集めて「大きな資金」にする ・専門家...
トピック

テスラの生産性は上がってるのか? model3の生産数をチェックするツール登場!

電気自動車の未来を切り拓くメーカーと目されている『テスラ』は常に投資家、テスラファンから熱い視線を注がれています。model3の生産がうまくいっていないことについては以前Money1でもお伝えしましたが、「本当のところはどう...
基礎知識

「タコ足配当」とはナニか

「配当」を受け取れることは投資家にとって非常に重要なことです。配当を再投資することで複利効果が得られ、これが長期投資による資産形成のエンジンになります。配当について「タコ足配当」という言葉がありますが、これは投資家にとって忌...
トピック

「毎月分配型投資信託」を避けるべき理由

2018年01月から「つみたてNISA」が利用できるようになったためか、それまで投資に興味がなかった人からも「投資信託(投信)」に注目が集まっているようです。投資信託にもさまざまな種類がありますが、その中に「毎月分配型投資信...
基礎知識

「エクイティ」とはナニか

金融・投資関連のニュースに「エクイティ(equity)」という言葉が登場することがありますね。英単語「equity」は「公平」「公正」「衡平法」「株式」などの意味ですが、金融・投資関連の文脈で使われる場合、「エクイティ」は一般的に「株主資本...
基礎知識

スティープ化とは? 「急勾配」になること

米国債の利回りが注目されていますので、経済ニュースでも「イールドカーブ」について言及されることが多いですね。その際に「スティープ化」という言葉が使われることがあります。このスティープ化がどのような意味かご存じでしょうか?まず...
トピック

雇用統計大幅改善でアメリカ株式上昇

アメリカ労働省が03月09日に発表した02月の雇用統計では、非農業部門での就業者が前月比で31万3,000人も増加し、アメリカの景気拡大の順調さが裏打ちされました。ただし、政府の期待する賃金上昇は鈍化しています。平均賃金(時...
基礎知識

実効為替レートには「名目」と「実質」がある

多くの通貨を横並びで比較できるので「実効為替レート」は非常に使いやすい統計データです。実効為替レートには、以下の2つがあります。ちょっと難しい単語が出てきますが、お付き合いください。●名目実効為替レート 為替相場において一...
トピック

実効為替レートとは?

経済ニュースを見ていると「実効為替レート」という言葉が登場することがありますね。円高・円安などという場合には、普通「(米)ドル」に対していうことが一般的です。日本はアメリカに多くの品目を輸出していますし、また国際間の決済では...
トピック

トランプ師匠を支える人材が細る一方!

経済政策の顧問であるコーンが去り、トランプ政権を支える人材はやせ細る一方です。03月07日に商務省が発表した01月の貿易収支は566億ドルの赤字で、2008年以来の高水準となりました。先にお伝えしたとおり、アメリカの次期予算...
トピック

コーンも逃げたぞー(笑)!

03月06日、アメリカ国家経済会議(National Economic Council)のコーン委員長が政権から去ることが明らかになりました。このゲイリー・コ-ン(Gary David Cohn)はトランプ政権の経済顧問の最高位者(...
タイトルとURLをコピーしました