トピック

割安株の見分け方 その27「MACD」その11「下落局面でもMACDは上がる?」

指標(INDEX)は数多くありますがMACDほど重視されているものを他に探すのは難しいですね。今回もMACDの続きです。多くの株式銘柄のチャートを見ていると、こんなことに気付きます。株価は長期に下落トレンドが続いているのになぜかMA...
トピック

割安株の見分け方 その26「MACD」その10「下落局面では売りで使う」

有力な指標(INDEX)であるMACDの続きです。ネット上でいわれているのは非常に大まかな使い方ですので、Money1ではできるだけ考案者ジェラルド・アペルの推奨する使い方をご紹介するようにします。 下落局面において、「買い ...
トピック

割安株の見分け方 その25「MACD」その9「下落局面でのMACD」

「MACD」についての説明が続きますが、これはMACDが非常に重要な指標(INDEX)だからです。ネットでさまざまに解説されているMACDですが、ボリンジャーバンドと同じで、考案者が推薦する使用方法・見方が継承されているわけではあり...
トピック

割安株の見分け方 その24「MACD」その8「アペルからの注意」

「MACD」は多くのトレーダーに使われている指標(INDEX)で、考案者自身もultimate「究極」と呼ぶほどですが、その使い方についてはネットでは軽く触れられているだけです。アペルは自身の著作ではより高度な(advancedと表...
トピック

そもそも会社を経営する理由ってナニ!?

儲かるから会社がある! だけど…… 会社はなぜあるのでしょうか。社員を養うためではありません。もちろんそれもありますが、それは副次的な話。事業に必要だから社員を雇用しているのです。では、なぜ会社は事業を行っているのでしょうか。...
トピック

割安株の見分け方 その23「EPS」

割安の株式を見つけるためには指標(INDEX)の使い方を知っていなければなりません。使い方が分かっているということは、そのINDEXが意味することを理解しているということです。MACDの説明が続きましたので、今回は目先を変えて「EP...
トピック

割安株の見分け方 その22「MACD」その7「二つのMACD」

株式の売買タイミングを見極めるためには各種の指標(INDEX)をうまく使えなければなりません。MACDはINDEXの中でも多くのトレーダーに愛用されているものです。MACDについてご紹介するのもこれで7回目。読者の皆さんもMACDに...
トピック

2017年の市場動向は? フィデリティ投信・丸山本部長のお話

01月13日、フィデリティ投信において記者を集めたラウンドテーブルが行われました。登壇したのは同社の運用本部長 最高投資責任者の丸山隆志取締役です。このラウンドテーブルは「2017年 日本株市場の展望と注目点 ~米トランプ次期政権の...
トピック

割安株の見分け方 その21「MACD」その6「ディバージェンス」

株式を売買するときの指標(INDEX)のひとつ「MACD」の続きです。一般的なMACDの使用法は前回の記事のとおりなのですが、MACDをより良く使い、株式の購入場面で失敗しないようにするためには「divergence(ディバージェン...
基礎知識

割安株の見分け方 その20「MACD」その5「シグナル」の使い方

佐藤ボイラー(バカ)の編集部のお金運用の大変面白くてためになる報告記事がはさまってしまってテンションも最高潮なわけですが、めげずに指標(INDEX)の話を続けます。いやぁ佐藤ボイラー(うすらトンカチ)の記事はオモシロ過ぎて困りますな...
トピック

投資バカ一代! 01月12日の仕込み

「株式の投資を行うと儲かるかも!? というところを実際に見せないと、何を書いても説得力がない」なんて編集チョにいわれ、知識も経験もないのにMoney1編集部の予算を運用している佐藤ボイラー(バカ)です。いろいろ勉強しながらやってるの...
トピック

割安株の見分け方 その19「MACD」その4「シグナル」

佐藤ボイラー(バカ)の記事が途中ではさまりましたが、「MACD」の続きです。前回は、MACDが短期の指数平滑移動平均(以降は略取であるEMAを使います)と長期のEMAの差から計算されることを説明しましたが、今回はもう1本ラインが登場...
トピック

バカが投資にやって来た! 2017年1月11日の仕込み

Money編集部の佐藤ボイラー(バカ)であります。実際に株式を売買して儲かるかをやってみろ! と編集チョにいわれ、Money編集部の予算を運用しております。「損しやがったらお前の給料を減らすからな!」と温かいお言葉をいただきながら頑...
タイトルとURLをコピーしました