ジェレミー・シーゲル

基礎知識

「成長の罠」に魅入られないこと! 個人投資家は損を引き受けてしまう!

株式投資をこれから始めようという人は、やはりいきなりプールに飛び込まず、一応基礎知識を得るために本を読むなどして、準備体操・ストレッチを行ってからの方が良いでしょう。 昨日「社名を変えて株価が約3倍」なんて話をご紹介しましたが...
トピック

過大評価されがちな成長株 4つの教訓

かつてIT株のブームというのがありました。今からするとIT株バブルです。インターネット関連の銘柄であればとにかく上がるというもので、日本でもあったのですが、アメリカのバブルっぷりは輪をかけてひどく、もうインターネットにちょっとでも関...
トピック

空売りへのシーゲルからの警告

空売といえばリスクがあるものですが、長期投資を薦める識者はどう見ているのでしょうか? 毎度お馴染みで恐縮ですが、ジェレミー・シーゲルの言葉から引いてみましょう。 ちなみにこれは「バブル」についての話です。 「心得ある投資家なら...
トピック

テクニカル分析は本当に有効か?

株価の値動きを分析し、投資で利益を出すためにさまざまな指標(INDEX)が考案されてきました。Money1でも先の記事でテクニカル分析用の数々のINDEXを紹介してきました。INDEXを有効に使えば利益を大きくするとができる、という...
トピック

外国株に投資するのはリスク分散のため

日本でもアメリカでも、外国株に投資する人がいらっしゃいます。外国株というと、例えば、ベトナム株に投資すれば急成長が期待できる、これから急成長する国はどんなところだろうか? といったスジで語られることが多いのですが……。 ■発展...
トピック

投資家の4つのタイプ

何に投資するか、どんなスパンで投資するかは投資家によって違います。しかし、投資家には4つのタイプがあるといわれます。 ●超保守派 利回りは問わずにリスクを最小限にすることを好むタイプ ●保守派 リスクを抑えめにしながらま...
トピック

日本の高い貯蓄率は経済成長に貢献しない

高齢化問題について先進各国でさまざまに議論がなされ、また日本でも解決策を模索しています。高齢者の老後を支えるための年金問題は、つまるところ現役生産者・労働者が減るので年金基金に入ってくるお金が少なくなることに起因します。 生産...
トピック

アクティブ投信(ファンド)って本当に儲かるんでしょうか!?

先の記事にあるとおり、日本人の多くが購入している投資信託(投信)はアクティブ投信・アクティブファンドと呼ばれるものがほとんど。これはインデックス型の投信と違って、ファンドマネジャーの裁量によって運営成績が変わります。 「お。あ...
トピック

株式投資のトータルリータンは他の投資用金融商品より大きい

なぜ株式に投資するのか、という単純な問いかけに投資家はどのように答えるでしょうか? Money1の先の記事で紹介してきた投資信託(投信)でもいいじゃないか、FXの方が儲かるぞ! といった意見もあります。「それでも株式投資が一番の理由...
基礎知識

移民は解決策にならないという研究

高齢化が進んで人口構成が大きく変わる先進国では、経済成長を維持し、社会保障の質を維持するために「移民を増やそう」という意見があります。「移民を増やして現役生産人口を増やそう」という意図なわけですが、これは果たして有効な解決策になるの...
トピック

IPO株の「売り逃げ・勝ち逃げ戦術」は儲かるか?

「IPO株は長期投資には向かない」(どれが当たるか分かんないから)とは、ジェレミー・シーゲルなど多くの識者が指摘するところですが、短期売買、つまり「公募価格で入手して高騰したらさっさと売る」のを狙う投資家はたくさんいらっしゃいます。...
トピック

IPO銘柄で儲けるには?

「でもIPO銘柄で実際に儲けている人もいるじゃないか」というご意見もあるでしょう。確かにそうです。先の記事で紹介した「宝くじを買うのに似ている」という指摘は、あくまでも長期投資の視点にたつと……という話です。IPO銘柄でもできるだけ...
基礎知識

IPO銘柄への投資は宝くじにも似て……

昨日の記事で、「IPOに投資するのは、宝くじを買うのと、とてもよく似ている」というジェレミー・シーゲルの言葉を紹介しました。この言葉の意味するところは「ほとんど当たらない」です。では、どのような分析を下にジェレミーはこう言っているの...
トピック

IPO銘柄は儲かるか?

株式投資を解説した初心向けの本などには「IPO株を狙え」なんてことが書いてあったりします。IPO銘柄は本当に儲かるものなのでしょうか? 今回は、IPO株についてご紹介します。 ■「IPO」とは企業の株式を市場に初めて売りにだす...
基礎知識

「ドルコスト平均法」による投資 その注意点

株式への長期投資を行う際、薦められる投資方法に「ドルコスト平均法」があります。これは、例えば月額5万円とか金額を決め、ある期間ごと、例えば1カ月に1回などに、ある銘柄に続けて投資する手法のことです。 例えば、Aという銘柄に投資...
基礎知識

「配当」は重要! 再投資せよ!

株式を保有していると、銘柄によっては「配当」がつくことがあります。配当は株主に分配される利益ですが、その金額は企業の利益規模によって異なります。配当を受け取ることは、会社法によって「株主の権利」として規定されています。今回は、この配...
トピック

「黄金銘柄」の例とは? 1,000ドルが460万ドルに!?

前の記事で、『株式投資の未来 永続する会社が本当の未来をもたらす』著ジェレミー・シーゲル/瑞穂のりこ訳(原題:The Future for Investors)を紹介しました。ジュレミーさんは「株式投資の黄金銘柄はたしかに存在する。...
トピック

「黄金銘柄」は存在するのか?

株式投資の初心者、またこれから株式投資を始めようとする人が絶対に読んでおいた方が良い本があります。『株式投資の未来 永続する会社が本当の未来をもたらす』著ジェレミー・シーゲル/瑞穂のりこ訳(原題:The Future for Inv...
タイトルとURLをコピーしました