おススメ記事
広告

読者の皆さまにお願いであります

広告

Money1の記事を見に来ていただいてありがとうございます。深く感謝申し上げます。

なぜかAI様にヘンな判定をされることがありまして。

確かに『ドラえもん』に似た名前の機械とは?みたいな記事もありますし、世界的な流行のせいで経済が、とも書きますが、Money1のようなほとんどお金の話しかないようなサイトをオミットしてもなんの益もないかと思われるのですが。

世界的な検索サービス「なんとかル」から「○的な内容を含みます」という警告がきたこともあります。その指摘されたページを確認すると「ドルウォン」のチャートしかないページなのです。

どこにそんな要素があるのか全くの謎で、仕方がないので「なんとかル」に確認してみたところ、「まれにそういうことがあります」「そういう時は人間が目視確認して判定を修正します」とのことでした。

また世界的SNS「なんだかer」からセンシティブな内容のページといわれるのですが、そのページは韓国の輸出データをご紹介しているだけだったりするのです。

読者の皆さまにお願いであります。もしMoney1を気に入っていただけたらMoney1のTopページをブックマークに加えていただけないでしょうか。ご検討を賜れたら幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。

Money1編集部

タイトルとURLをコピーしました