おススメ記事
広告

南朝鮮「ウォン安」09日(月)じわじわ進行

広告

韓国「ウォン」の通貨安問題ですが、2019年12月09日16:37時点(日本時間)では下掲のとおり昨日の始値を抜いてじわじわと「ウォン安」方向へと進行しています(チャートは『Investing.com』より引用)。

本日22-23時ぐらいにどのような動きがあるかは分かりませんが(値動きが荒くなる時間帯として知られます)、まだウォン安トレンドが崩れたわけではありません。油断できない状況です。

続報
09日(月)17時過ぎからじわじわなどと言っている場合ではなく、極めてアカンぽくなってきました。続報を上げましたので以下をご覧ください(まだ分かりませんけれども)。

南朝鮮「ウォン安」09日17時過ぎたらアカンぽくなってきた
先に2019年12月09日(月)には「じわじわウォン安進行」なんて記事を上げたのですが、17時過ぎたらなんとなく極めてアカンぽくなってきました。FXでいうところの欧州時間は割と平穏なものですが、上掲のようにウォン安トレンドが強くなっ...

本日午前中の概況は以下のとおりでした。
⇒参照:『Money1』「南朝鮮『ウォン安』09日午前の状況 いまだチャネル割らず」
https://money1.jp/archives/11461

(柏ケミカル@dcp)

南朝鮮「ウォン安」異常事態は12月02日から発生
韓国の通貨「ウォン」の安値進行が一般メディアでも取り上げられるようになっています。このウォン安が「急速進行」の異常事態になったのは12月02日(月)からと明確にいえます。 上掲チャートのように「ウォン高のレジスタンスラ...
南朝鮮「ウォン安」10月16日異常事態 ウォン売り進行
ドボンになる可能性があるので韓国の通貨「ウォン」から目が離せませんが、本日10月16日(水)気になる兆候があったのご紹介します。以下はドルウォンの日足チャート(2019年10月16日16時15分まで)です(チャートは『Investi...
タイトルとURLをコピーしました