おススメ記事
広告

【07/16最新版】韓国「通貨スワップ」第4次調達の「21億1,900万ドル」返済を確認! 残り「25億9,300万ドル」

広告

韓国銀行』はアメリカ合衆国のFED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)と締結したスワップライン※1を通じて約200億ドルを調達しました。これを『韓国銀行』がきちんと返済するのかを定点観測しています。

07月16日は、第4次調達した84日もの「21億1,900万ドル」(約2,350億890万円)※2の返済日でした。

FEDはドル流動性スワップの取引状況を毎週公開しており、それを見れば『韓国銀行』がきちんと返済したかどうか分かります。今週も公表データを参照し、確認しました。

まず、「U.S. Dollar Liquidity Swap – Operation Results」(ドル流動性スワップ-運用結果)は以下のとおりです。

『韓国銀行』が2020年05月08日(settlement date:決済日)を最後にスワップラインを利用していていませんので、新しい運用は加わっていません。

次に「U.S. Dollar Liquidity Swap-Amounts Outstanding」(ドル流動性スワップ-未払い金額)です。

07月16日、確かに未返済額が「21億1,900万ドル」減少しています(他に利子も支払っています:公表データに記載されているのは元本のみ)。

残りは第5・6次調達分の計「25億9,300万ドル※2となりました。

これで、『韓国銀行』は07月中に「82億7,400万ドル + 利子分」で計「82億8,235万7,216ドル」(約8,888億6,257万6,424円)をキャッシュで吐き出したことになります。

さて、韓国にまだ現金の「ドル」は十分にあるのでしょうか。

※1韓国メディアは「通貨スワップ」、時に「通貨スワップ協定」と呼称しますが、紛らわしいのでMoney1ではFRB(Federal Reserve Boardの略:連邦準備制度理事会)に従って「スワップライン」「ドル流動性スワップ」と記載します。本稿のタイトルだけはアンカーが韓国の表記に合せて「通貨スワップ」としています。

※2ドル円の換算は2020年07月17日の「1ドル=107.31円」を用いました

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました