おススメ記事
広告

【韓国の外貨準備】米国債をさらに「31億ドル」売却! 為替介入の原資に使ったか

広告

ドル調達でしょうか。

2022年05月16日、アメリカ合衆国財務省から「合衆国公債の主要ホルダーの保有金額」のデータが公表されました。

⇒参照:引用元:『アメリカ合衆国 財務省』公式サイト「MAJOR FOREIGN HOLDERS OF TREASURY SECURITIES」

韓国の03月末日時点の保有金額は「1,193億ドル」。前月末時点では「1,224億ドル」でしたから「31億ドル」分を売却したことになります。

『韓国銀行』が公表した03月時点での外貨準備高を確認してみます。以下をご覧ください。

2022年03月
外貨準備高:4,578億ドル(約56兆1,126億円)
(前月比:-40億ドル)

<<内訳>>
⇒Securities 4,102億ドル(約50兆2,782億円)
(証券類)
前月比:-6億ドル

⇒Deposits 228億ドル(約2兆7,946億円)
(預金)
前月比:-34億ドル

円換算は2022年04月05日「1ドル=122.57円」のレートで算出

⇒参照:引用元:IMFリザーブポジション、SDRs、金は略。『韓国銀行』公式サイト「Official Foreign Reserves(March 2022)」

03月はSecurities(証券類)が「-6億ドル」という結果になっていますが、実は合衆国公債は「31億ドル」売却していました。

差し引き「25億ドル」です。ということは減った合衆国公債の代わりに正体不明のSecurities(証券類)が25億ドル増えたわけです。

一方、Deposits(預金)は「-34億ドル」となっています。

合衆国公債の売却「31億ドル」がDeposits(預金)にいったん積み上がっているにも関わらず、前月から34億ドル減少ということは天地で「65億ドル」。

この65億ドルから「25億ドル」の謎のSecurities(証券類)を購入したとすると、40億ドルが合いません。消えたことになります。

どこへいったのでしょうか。

この03月の外貨準備高の公表時、『韓国銀行』はプレスリリースで以下のように説明していました。

ㅇ기타 통화 외화자산의 미달러화 환산액 감소, 외환시장 변동성 완 화 조치 등에 기인

ㅇその他通貨の外貨資産のドル換算額の減少、外国為替市場の変動性緩和措置などに起因

⇒参照:引用元:『韓国銀行』公式サイト「2022年3月末の為替保有額」

上掲のとおり、「外国為替市場の変動性緩和措置」と書いていますが、これは「為替介入した」という意味です。

上掲は、ローソク足1本が1カ月の値動きを示す「月足」ですが、03月は一時「1ドル=1,247.35ウォン」までウォン安が進行しました。

『韓国銀行』はさすがに座視できず、ウォン安阻止のために為替介入したわけです。

為替介入時には外貨準備は減少します。ドルを売ってウォンを買わなければならないからです。その分のドルが溶けてウォンに換わりますから、外貨がなくなるのです。

あくまでも推測ですが、03月の為替介入の規模はかなり大きなものだった可能性があります。

残念なことに、それでもウォン安進行を止めることはできませんでした。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました