おススメ記事

日本 vs 韓国「交換比率1:5」32億ドル赤字

広告

大笑いなことに日本韓国が雪解けだそうで、韓国は「YES Japan」とのこと。

確かに韓国の訪日観光客は増加しています。

『日本政府観光局』(略称:JNTO)によると、2023年04月時点で訪日外国人の数は以下のようになっています。

2023年01~04月累計
訪日外国人総数:673万9,500人
韓国人:206万7,700人
(総数に占める韓国人の割合:30.7%

⇒参照・引用元:『日本政府観光局』公式サイト「訪日外客統計」

01~04月累計「訪日外国人:673万9,500人」のうち、韓国の皆さんがぶっちぎりで第1位「206万7,700人」。

訪日外国人のうち、ほぼ3人に1人は韓国人なのです。

韓国の皆さんは観光地としての日本を大変愛してくださっている様子です。日本からすると「まいどあり!」なのですが、逆に韓国側から見ると「ぐぬぬ……」なのです。

韓国側に04月までの累計がないので、03月までの累計(つまり第1四半期で締まったデータ)を見ると、韓国を訪問した日本人は「35万3,611人」(訪韓外国人に占める割合「20.6%」)に過ぎないのです。

フェアに同じ01~03月累計で比較すると、以下のようになります。

2023年01~03月累計
訪日した韓国人数:160万700人
訪韓した日本人数:35万3,611人

「訪韓した日本人 vs 訪日した韓国人」の交換レシオは「1 :4.5」で、日本人1人が韓国を訪問する間に、韓国人ほぼ5人が日本を訪問していることになるのです。

こうなってくると気になるのは、国際収支統計「サービス収支」内の「旅行収支」です。

外国に行ってお金を落とす自国人が増加し、自国内に外国人旅行者が来て落とすお金より増加すると、この旅行収支は赤字になります。

まだ04月の国際収支統計が『韓国銀行』から公表されていないので、03月分までを見ると以下のようになっています。


↑黄色でフォーカスしているのが旅行収支。2023年01~03月累計で「32億3,500万ドルの赤字」/▲はマイナスの意味です

⇒データ出典:『韓国銀行』公式サイト「ECOS」

03月まで累計で「旅行収支:-32億3,500万ドル」となっています。韓国の皆さんが日本旅行を愛していただいている結果がこの中に含まれています。

先にご紹介したとおり、韓国経済にとってコロナ禍がもたした災厄の中で、たった一ついいことがあったとしたら、それは人の移動が制限され、韓国の皆さんが海外で使うお金を抑えられたことです。

結果、経常収支のマイナスをその分抑えることができました。

それも終わったので、これから韓国はコロナ前のようにサービス収支の動向にも目を光らせなければならなくなりました。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました