おススメ記事
広告

南朝鮮「ウォン安」11日は「1,190ウォン」下へ抑え込む

広告

韓国通貨「ウォン」の動向です。2019年12月11日(水)は市場が開いてから速やかにウォン安が進み、16:40(日本時間)には「1ドル=1,195.02ウォン」にまで達しましたが、ウォン買い勢力の激しい圧力によってなんと終値は「1,189.65ウォン」と「1,190ウォン」を切るところまで押し戻しました(チャートは『Investing.com』より引用)。

1分足(ローソク足1本が1分の値動きを示します)にしてみると、上掲のようになり、上昇・下降のローソク足が入り乱れており、ウォン安方向へ向かうのを上から下へ引っ張り戻す緑のローソク足が目立ちます。韓国通貨当局が為替介入を行っているとすればかなり激しい戦いだったはずです。

トレンドラインを引いてみると、上掲のように「ウォン安進行のチャネルラインはまだ崩れていない」と考えることも可能ですが、直近高値の「1ドル=1,192.18ウォン」を日足の実体線としては破れていないので、ここが天井で以降はトレンド変換して面白くはないですが「ウォン高」方向へ進むことが考えられます。

もし通貨当局が本当にウォン安阻止を行っているのであれば、市場の動向として自然にウォン高方向へ向かってもらいたいと考えているはずです。こんなことを続けていればドルが減るばかりで、ドルがなくなれば「おしまい」ですからね。

(柏ケミカル@dcp)

合衆国はWTOを機能停止に追い込む。改革なくば解体か
これまでアメリカ合衆国トランプ政権は、世界に秩序をもたらしてきたと考えられる国際組織や条約、制度について真っ向から噛みついてきました。 政治家から大統領になったわけではないトランプさんは、これまでの事情、歴史的経緯を斟酌(しん...
南朝鮮「ウォン安」安値進行 通貨当局は為替介入しているのか?
2019年12月11日(水)、19:50(日本時間)現在、韓国の通貨「ウォン」は以下のような情勢になっています(チャートは『Investing.com』より引用/日足:以下同)。 ローソク足が示すとおり、本日の市場が開...
合衆国がWTOに諦観を持つ理由 WTOは役に立たない
2019年02月04日、中国との通商協議をリードするUSTR(Office of the United States Trade Representativeの略:アメリカ合衆国通商代表部)から「中国の不公正な通商慣行を是正するため...
タイトルとURLをコピーしました