おススメ記事
広告

「韓国株式市場」24日(金)終了・かろうじて2,200台。個人と外国人は珍しくそろって買い越し!

広告

2020年07月24日(金)の韓国株式市場が締まり、KOSPI(韓国総合株価指数)のチャートは以下のようになりました(チャートは『Investing.com』より引用)。

上昇していたのですが、結局戻ってしまい、ローソク足の上が長いヒゲとなっています。陽線ですが株安進行です。

投資家別売買動向は以下です。

⇒データ引用元:『finance.naver.com』「投資家別売買動向」
上掲データは2020年07月24日15:30現在のものです。

個人投資家外国人投資家がそろって買い越しでフィニッシュです。金額はそれぞれ「3,191億ウォン」と「872億ウォン」。これ以外のプレーヤーは全て「売り越し」です。

これで2020年07月第4週目が締まりました。ローソク足1本が1週間の値動きを示す「週足」で見ると以下のようになります。

前週終値が「2,201.19」、今週終値が「2,200.44」ですので、わずかですが株安が進行しました。また、プライスアクション的には悩ましいところです。これ以上株高が進行するかどうか……。また次週に期待ですが。

追記
2020年07月27日(月)の韓国株式市場が開きましたので、KOSPIチャートの初動状況を以下の記事にまとめました。本記事と併せてお読み頂ければ幸いです。

「韓国株式市場」27日(月)初動・ギャップアップで上昇!KOSPI「2,220」回復
2020年07月27日(月)の韓国株式市場が開きました。10:00現在、KOSPI(韓国総合株価指数)のチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。 ギャップアップして始まり、力強い...

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました