おススメ記事
広告

中国「軍用の海底光ケーブル」が破損という珍事!「引っ掛けちゃったゴメン」

広告

中国で世にもガッカリな事件が起こりました。沿岸警備隊のサイトの情報によれば、海南三社海洋警察署は西沙海域の軍用の海底光ケーブルが破損したという報告を受けて捜査を開始。

海事部と共同でタスクフォースを結成し、ケーブルをたぐるなどして34日間の捜査を行った結果、ついに容疑者を特定。

近辺海域で船を停泊させていた際に、碇(いかり)が誤って海底ケーブルを引っ掛けてしまったとのこと。王容疑者は船を移動させるために光ケーブルを破損させたので、「軍事通信妨害」の容疑で検察送りになるようです。

「こういうこともあるんだなぁ」という驚かされますが、中国人民解放軍はまた海底光ケーブルを引かないといけないわけですから大変です。

⇒参照・引用元:『Baidu』「西沙海域の軍用海底光ケーブルが破損し、海事警察が船長に対して強制措置を講じた」(原文・中国語/筆者(バカ)意訳)

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました