おススメ記事
広告

『韓国銀行』09月は金融資産が90億ドル増えた。それは資金流出でもある

広告

2020年11月05日、『韓国銀行』から2020年09月の「国際収支統計」が発表されました。それを受けて韓国メディアでは意気上がっております。経常収支の黒字が2018年2018年09月以来の「100億ドル」超えとなったためです。

この結果に併せて韓国メディアでは「金融資産が90億ドル増えた」という報道も出ています。

これは「国際収支統計」の「金融収支」を参照してのことです。

上掲は公表されたデータの一部を切り出したものですが、確かに金融収支は「89億5,90万ドル」の「プラス」になっています。これは韓国メディアがいうように「海外資産」が増えたことを意味します。

しかし、海外資産が増えたということは、韓国国内からその分のお金が出ていったということです。約90億ドルが韓国から出ていったわけです。

もうけたお金はまた投資して増やす。正しい態度です。韓国も資産が利益を上げて、その収益で食べていけるようになるといいですね。そうすれば輸出だけをアテにしないで済みます。

ちなみに、2020年07月には金融収支は「95億8,610万ドル」でしたので、この「約90億ドル」が特に巨額というわけではないのですが、なぜ韓国メディアに取り上げられているのかは不思議です。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました