おススメ記事
広告

韓国の餃子が世界で1兆売れている!「焼き餃子」だけどいいの?

広告

韓国企業CJ第一製糖』は冷凍食品「王餃子」の売上がワールドワイドで1兆ウォン約930億円)を突破した、と2020年12月22日明らかにしました。


↑王餃子。PHOTO(C)CJ FOODS JAPAN.

この「王餃子」は韓国シェアNO.1の製品とのこと。また、韓国メディア『毎日経済』の報道によれば、以下のように世界各国で売れているとのこと。

2020年「王餃子」の売上
韓国内:3,600億ウォン
日本:650億ウォン
中国:1,600億ウォン
ベトナム:160億ウォン
欧州:180億ウォン
アメリカ合衆国:4,200億ウォン

海外での売上が「6,700億ウォン」と1兆ウォン超の「65%」を占めるので、輸出に大成功している商品です。日本でも650億ウォン(約60億6,600万円)も売れています。

一つ疑問があります。

この「王餃子」は、基本焼き餃子のようです。大陸、餃子発祥の地といわれる中国では茹でる水餃子で、焼き餃子は日本で発明されたものだといわれますが、こういうのは「日本文化」として問題にならないのでしょうか。不思議です。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました