おススメ記事
広告

【残念】韓国株式に外人5.9億ドル投入!しかし「帰ってきた!」はまだ早い

広告

韓国メディアが「外国人投資家が韓国株式市場に帰ってきた!」と報じていますが、これに冷や水を浴びせてやろうという意地の悪い記事です。誠に申し訳ありません。

韓国メディアの基になっているのは、2021年05月12日に『韓国銀行』が公表した「2021年4月 国際金融・為替市場の動向」の中にある、以下の資料です。

これは、韓国株式市場・債券市場における「外国人投資家の資金」の純流入についてを計上したもの。2021年分は以下のようになります(単位:億ドル)。

01月02月03月04月2021年累計
株式市場-23.9-25.6-25.85.9-72.4
債券市場13.289.983.527.4213.9
合計-10.761.257.733.3141.5

株式市場では、2021年01~03月でマイナスが続いてきたのですが、04月にやっと黒転しました。つまり、それまでは資金の純流出だったのに、04月になってやっと純流入になったのです。

これをもって韓国メディアは「外国人投資家が帰ってきた!」といっています。

実は、外国人投資家の資金が株式市場に純流入となったのは2020年11月以来、5カ月ぶりのこと。

ですから韓国メディアも大変喜んでことさらに報じているのです。

ただし、韓国メディアにとって残念なのはこの資金流入が05月も続くとは限らないということです。以下は直近1週間の外国人投資家の売買状況ですが……。

この直近1週間で外国人投資家は2兆6,998億ウォン(約24億ドル)を売り越しています。上の表組の表記に合わせれば「-24.0」で、つまり24億ドルの資金流出です。

05月にまた赤転する可能性は高くなっているのです。

⇒参照・引用元:『韓国銀行』公式サイト「2021年4月 国際金融・為替市場の動向」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました