おススメ記事
広告

韓国「失業給付」1兆ウォン超え4カ月連続!このままではまずい

広告

2021年06月07日、韓国の労働雇用部から「05月の労働市場の動向」のデータが公表されました。


↑労働雇用部のプレスリリース

同リリースによれば、失業給付(韓国の呼称は「求職給付」:いわゆる失業保険)は「1兆778億ウォン」(約1,067億円)でこれで4カ月連続1兆ウォン超え(約990億円)です。以下が直近1年間の金額推移になります。


※1兆ウォンのところに赤の点線が引いてあります

コロナ禍によって2020年05月に初めて1兆ウォンを突破。2020年10月~2021年01月は9,000億ウォン台まで下がったのですが、2021年02~05月まで再び1兆ウォン台となっています。

何度もご紹介していますが、失業給付を行っている雇用年金基金は、他の基金から融資を受けないと存立できない状況になっており、事実上破綻しています。

このまま高止まりしたままですと国庫負担が重すぎます。しかし、前月に比べると「802億ウォン」(約79億円)下がりましたので、06月にはなんとか1兆ウォン未満に収まるかもしてません。

⇒参照・引用元:『韓国 雇用労働部』「雇用行政統計で見た21年5月の労働市場の動向」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました