おススメ記事
広告

韓国「04月の経常収支」なんとか黒字になる

広告

注目の04月の「国際収支統計」が『韓国銀行』から公表されました。韓国では「残酷な04月」といわれることもありますが、これは海外への配当支払いがこの月に集中し、経常収支が大きく悪化するからです。

Money1では、関税庁公表データのママ、すなわち「経常収支(輸出 – 輸入)が3億9,000万ドルのママなら経常収支は赤字になる」とご紹介しました。

また、関税庁のデータと国際収支統計のデータでは(主に輸出入の金額に)ブレが生じるので、それを補正した場合の予想を行って「恐らくすれすれ」とご紹介しました。

韓国04月の貿易収支が「3.9億ドル」しかない? 経常収支が赤字転落するぞ
韓国メディア『毎日経済』が04月の輸出入のデータを報じています。産業通商資源部が公表したとしているのですが、同部のホームページに見当たりません。 不本意ではありますが、2021年05月01日の同紙の記事からデータを引きます。以下です。...
韓国「04月の経常収支」は赤字化するか?たぶんスレスレです
韓国の産業通商資源部は、04月の貿易収支が「3億9,000万ドル」と公表しており、このまま締まると経常収支は確実に赤字に転落するでしょう。 ただし、「国際収支統計」と関税庁・産業通商資源部が公表している「貿易統計」では、数字にぶれがあ...

残酷な04月ですので「すれすれ」はすれすれだったのですが、2つの点で予想と違いました。これについては後述します。

韓国の04月の経常収支は以下のようになりました。

2021年04月「国際収支統計」
貿易収支:45.6億ドル
サービス収支:0.1億ドル
第1次所得収支:-19.5億ドル
第2次所得収支:-7.1億ドル
経常収支:19.1億ドル

2021年の経常収支のこれまでの推移を見ると以下のようになります。

2021年の経常収支の推移
01月:70.6億ドル
02月:79.4億ドル
03月:78.2億ドル
04月:19.1億ドル

予定どおり残酷な04月に経常収支は急減しましたがなんとか黒字で済んだ形です。

予想からぶれた2つの点

予想からぶれた主な点は以下の2つです。

1.輸出金額が1.9%上にぶれた
2.サービス収支が黒字になった

先にご紹介したとおり、関税庁の通関ベースの輸出・輸入金額は、国際収支統計で締まるとぶれます。しかし、

輸出金額のぶれ:平均0.7%

と輸出金額についてはほとんどぶれないことが分かっています(これは2021年01~03月平均/2020年通年では0.8%しかぶれていない)。

2021年04月
関税庁集計の輸出金額:511.9億ドル
国際収支統計の輸出金額:521.7億ドル
ぶれ幅:1.9%

しかし、04月は1.9%上にぶれました。これによって貿易収支(輸出 - 輸入)の金額が予想よりも大きくなりました。最大・最小のぶれを鑑みて予想するべきでした。

2021年貿易収支
Money1の予想:37.1億ドル
国際収支統計:45.6億ドル

また、いつもなら赤字の「サービス収支」が04月は黒転しています(0.1億ドルのかろうじて黒字ですが)。2021年02月に続いて韓国では非常に珍しいことです。2021年02月以前にサービス収支が黒字になったのは、2014年06月までさかのぼらないとないのです。

本当に?と思わないではないですが、この黒字化が今回の経常収支の黒字に貢献しました。

⇒参照・引用元:『韓国銀行』公式サイト「2021年4月の国際収支(暫定)」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました