おススメ記事
広告

外人投資家が韓国債先物を7兆売り越す! 債券でも資金流出の事態か

広告

これまで外国人投資家は、韓国株式については大量売り越し韓国債券については買い越しというトレンドで来ました。

しかし、異変です。

外国人投資家は06月25日、3年物韓国債先物を7,533億ウォン(約738.2億ウォン円)売り越しました。2021年06月は、01~25日累計で7兆8,525億ウォン(約7,695.5億円)の売り越しです。

外国人投資家の債券売りも影響し、3年物国債の金利は25日時点で「1.441%」まで上昇。この利率は1年5カ月ぶりの最高値です(2020年01月20日:1.455%)。

株式の方は、何度もご紹介してきたとおり、売り越しトレンドが続いています。

2021年05月はKOSPIだけで「8兆1,565億ウォン」(約7,993億円)を売り越しましたが、06月も01~25日に「7,055億ウォン」(約691億円)の売り越しです。

これまで『韓国銀行』、企画財政部、金融監督院、韓国メディアは、

株式市場では資金流出だが、債券市場では資金流入

といってきました。例えば。2021年05月は以下のようでした。

2021年05月
株式:-10兆1,670億ウォン(約-1兆65億円)
債券:5兆5,160億ウォン(約5,461億円)
小計:-4兆6,510億ウォン(約-4,605億円)

⇒データ出典:『金融監督院』公式サイト

これが、債券市場でもマイナス(売り越し)になれば、両市場で資金流出です。06月がどのように締まるか……あと3営業日ですが、ぜひご注目ください。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました