おススメ記事
広告

【速報】韓国の最低賃金「9,160ウォン」に決定!5年で42%上昇の異常

広告

韓国の「最低賃金委員会」が2022年度の最低賃金について結論を出しました。

9,160ウォン」(879.36円)と確定しました。

以下が2017~2022年(文在寅政権下)の推移です。


※右目盛りは2017年を100としたときのパーセント

2021年の「8,720ウォン」から「440ウォン」(約5.1%)の上昇。

2017年からの5年間でなんと42%も上昇するという異常な上がり方となりました。

先にご紹介した『全国経済人連合会』の「最低賃金の雇用喪失効果」リポートは以下のようでした。

2022年(最低賃金別シナリオ)
9,156ウォン( 5%up):-4.3 ~ -10.4万人
9,592ウォン(10%up):-8.5 ~ -20.7万人
1万ウォン(14.68%up):-12.5 ~ -30.4万人
1万28ウォン(15%up):-12.8 ~ -31.1万人
1万464ウォン(20%up):-17.1 ~ -41.4万人
1万900ウォン(25%up):-21.3 ~ -51.8万人

⇒参照・引用元:『全国経済人連合会』公式サイト「最低賃金1万ウォンに引き上げ時、最大30.4万の雇用減少の見通し」

9,160ウォン」となりましたので、上掲でいえば「5%アップ」の「9,156ウォン」と近似値ですから、この決定によって「4.3~10.4万人」の雇用が喪失するものと推計されます。

ただ、文在寅大統領の公約であった「最低賃金1万ウォン」は実現されませんでした。韓国の自営業・中小企業にとっては不幸中の幸いです。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました