おススメ記事

「ドルウォン」01日(金)は「1,219ウォン」で決着!安値進行。

広告

ウォン高進行を期待した方にとっては残念な結果になりました。

2022年04月01日(金)が(ほぼほぼ)締まりました。2022年04月02日05:59現在、ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。

長めの陽線となって「1,219ウォン」まで上昇して締まりました。最後の最後に「1,220ウォン」を割ったのが残念でした。

ローソク足1本が1分間の値動きを示す「1分足」で見ると以下のようになります。

アメリカ時間に天井「1ドル=1,221.05ウォン」に達しました。上掲のとおり、キリ番「1,220ウォン」を巡る戦いで弾幕の厚い時間帯がありました。

以下に拡大してみます。

「なんだこりゃ(笑)」という天地が5ウォン超もあるローソク足が1本あります。

これで2022年03月第5週目が締まりましたので、ローソク足1本が1週間の値動きを示す「週足」で見てみます。以下をご覧ください。

一時「1ドル=1,207ウォン」まで達して上昇のチャネルラインの下限を割られかけたのですが、長い下ヒゲが示すとおり、跳ね返してチャネル内に戻しました。

こういうのがあるのでチャートを見るのは楽しいですね。まだウォン安トレンドが止まったと見ることはできません。

来週のプライスアクションにご注目ください。

追記
2022年04月04日(月)の市場が開きました。ドルウォンチャートの状況を以下の記事にまとめましたので本記事と併せてお読み頂ければ幸いです。

「ドルウォン」04月04日(月)初動・陰線スタート「1,217ウォン」
2022年04月04日(月)の市場が開きました。10:09現在、ドルウォンのチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。前日の陽線の戻しがきています。現在のところ陰線で、「1ドル=1,217ウォン...

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました