おススメ記事
広告

【韓国の外貨準備】増えたのは「わずか3億ドル」。『韓国銀行』は「外貨の需給不安」を懸念する

広告

2022年08月03日、『韓国銀行』から07月時点での外貨準備高が公表されました。ここのところ4カ月連続の減少傾向だったのですが、さてどうなったでしょうか。


↑『韓国銀行』の公表データですが誤りがあります。During Julyの列の一番上の数字が「-0.3」になっていますが、正しくは「+0.3」です。「06月:4,383億ドル」から「07月:4,386億ドル」になったわけですから3億ドルの増加ですので。

2022年07月
外貨準備高:4,386億ドル(約58兆4,259億円)
(前月比:+3億ドル)

<<内訳>>
⇒Securities:3,919億ドル(約52兆2,050億円)
(証券類)
前月比:-34億ドル

⇒Deposits:232億ドル(約3兆904億円)
(預金)
前月比:+40億ドル

⇒SDRs:144億ドル(約1兆9,182億円)
(IMFのSDR(特別引出権))
前月比:-2億ドル

⇒IMF position:44億ドル(約5,861億円)
(IMFリザーブポジション)
前月比:増減なし

⇒Gold:48億ドル(約6,394億円)
(金)
前月比:増減なし

※円換算は2022年08月03日「1ドル=133.21円」のレートで算出

⇒参照・引用元:『韓国銀行』公式サイト「Official Foreign Reserves(July 2022)」

当月の注目は、Securities(証券類)が34億ドル減少している点です。証券類を売却してお金を得たとして、しかし現金たるDeposits(預金)は40億ドル増えています。

6億ドルはどうやって増えたのでしょうか。

『韓国銀行』は今回の結果について、以下のように説明しています。

ㅇその他の通貨建て外貨資産のドル換算額の減少などにもかかわらず、外貨資産の運用収益金融機関の外貨預金が増加したことなどに起因

⇒参照・引用元:『韓国銀行』公式サイト「2022年07月末の為替保有額」

資産運用益、金融機関の外貨預金が増えたため、としているのですが、金融機関の預金は『韓国銀行』にとっては負債です。

金融機関からの外貨預金が『韓国銀行』に入って、外貨準備に繰り入れられているとすると、上掲のように『韓国銀行』の負債の部に預金が入り、同額分の現金が資産の部に入ります。これで貸借対照表の左右が同じ高さになります。

銀行から見ると、預金は負債になるのです(預け入れた人に返さなければならないので)。「銀行業務を始めました」なんて企業の貸借対照表を見るとやたらに負債が積み上がっているのは、そのためです。

外貨準備高というのは、貸借対照表の左側、すなわち資産の部しか見ませんからこのようなことが起こります。

以下は2021年01月から2022年07月までの外貨準備高の月次の推移です。

07月にわずか3億ドルですが、増加したため「5カ月連続の減少」は免れました。しかし、増えたといってもこのような増え方なのです。

外貨の需給バランスが問題である

今回の外貨準備高の公表について、韓国メディア『毎日経済』が興味深い記事を出しています。『韓国銀行』関係者に取材したというのですが、以下にその部分を引いてみます。

(前略)
ただ、韓銀内部では「外国為替保有額(外貨準備高:筆者注)の減少傾向は小休止だが、経常収支の黒字が減る中で外貨流出の勢いが強くなっている」とし、対外部門の防御力が弱まっているという懸念が出ている。

去る2日公開された韓銀「07月の金融通貨委員会」議事録によると、ある金統委員は「最近の貿易条件悪化で経常収支の黒字規模が縮小する状況で、大規模な海外投資が持続している」とし「外国為替の需給において対外部門で復元力が弱まる可能性があることに注意する必要がある」と述べた。

⇒参照・引用元:『毎日経済』「外国為替保有高輝き回復… 韓銀『需給不安継続』」

「対外部門の防御力が弱まっている」「復元力が弱まる可能性がある」などと述べていますが、何をいっているのかというと、こういうことです。

韓国の場合、外貨準備を積むのはそのほとんどを貿易に依っています。

輸出の方が輸入よりも多く、そのため貿易収支が黒字になって、これが外貨を積む源になっています。しかし現在、資源価格などの高騰によって輸入金額が大幅に増え、すでに通関ベースでは貿易収支が赤字です。

国際収支統計ではまだそうなってはいませんが、しかし国際収支統計の方でも貿易収支は確実に減少しています。

韓国の場合は、貿易収支の減少はそのまま経常収支の減少に直結しています。以下は、国際収支統計における経常収支の「2021年」と「2022年」の比較です。


↑国際収支統計は2022年05月分までしか公表されていません(記事制作の2022年08月03日現在)。

オレンジの2022年の線が2021年の青の線よりも常に下にあります。つまり、経常収支が昨年と比較して小さくなっており、その分外貨を積めなくなっているのです。

特に直近05月にご注目ください。「2021年05月:104億ドル」に対して「2022年05月:39億ドル」と、対前年比で「65億ドル」も少ないのです。

韓国は2022年に入って確実に外貨の流入が減少しています。しかるに、先にご紹介したとおり、直接投資などによって海外に韓国から資金が出ていっています。海外に投資するので当然外貨に換えてお金は出ていきます。

【累計3,105億ドル】韓国への投資は減少。お金は海外に出ていくばかり
お金が韓国から出ていくばかり――という話です。 2022年07月27日、韓国のシンクタンク『韓国経営者総協会』が興味深いリポートを出しました。 外国から韓国への直接投資が減少しており、逆に韓国から外国への直接投資は急増し、収支で...

『韓国銀行』が需給がおっかしなことになっていると指摘しているのはココです。外貨の流入が小さくなっているのに出ていく分は大きくなっている、このようなバランスが崩れた状態だと、もし何かあったときに外貨がひっぱくするような事態になりはしないか――というわけです。

確かに心配です。

Money1では何度もご紹介していますが、韓国は貿易収支が減少あるいは赤転し、経常収支が減少しだすと危ないのです。過去の例もそうでした。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました