おススメ記事

韓国「累計288億ドル」の貿易赤字。IMF危機を招いて以来の「6カ月連続」赤字

広告

2022年10月01日、韓国の産業通商資源部から「通関ベースの09月輸出入動向(暫定版)」が公表されました。

結論からいえば、6カ月連続の貿易赤字となりました。以下をご覧ください。

2022年09月
輸出:576億6,300万ドル(+2.8%)
輸入:612億3,100万ドル(+18.6%)
貿易収支(輸出 – 輸入):-37億6,800万ドル

( )内は対前年同期比の増減

⇒参照・引用元:『韓国 産業通商資源部』公式サイト「2022年09月の輸出入動向」

結局、09月も「-37億6,800万ドル」と赤字で締まりました。

「2022年09月01~20日」時点では、

2022年09月01~20日
輸出:329億5,800万ドル
輸入:370億6,300万ドル
貿易収支(輸出 – 輸入):-41億500万ドル

でしたから、21~30日の10日間は「貿易収支:+3億3,700万ドル」で回ったことになります。最後の10日間の頑張りで赤字幅を縮めることはできました。

しかし、赤字は赤字です。通関ベースとはいえ6カ月連続の赤字というのは、実に25年ぶりのこと(1995年01月~1997年05月)。

興味深いのは主力輸出品目の動向です。以下をご覧ください。


↑Googleの自動翻訳なので日本語がヘンなところがありますがご寛恕ください。

⇒参照・引用元:『韓国 産業通商資源部』公式サイト「2022年09月の輸出入動向」

ご注目いただきたいのは、やはり「半導体」です。対前年同期比「-5.7%」。韓国の輸出の背骨は半導体と言っても過言ではない状態なので、これが下がってくるのはよくない兆候です。

すでにMoney1でもご紹介しましたが、世界的に半導体需要が減衰してきており、『サムスン電子』『SKハイニックス』共に在庫が急増しています。

2022年は「累計288億ドル」の赤字

これで2022年の韓国の貿易収支の推移は以下のようになります。

2022年、貿易黒字になったのは02月、03月だけです。

2022年01~09月累計
貿易収支(輸出 – 輸入):-287億9,400万ドル

ここまでで約288億ドルの赤字です。

大変によろしくありませんが、国としては経常収支が赤転しなけば「よし!」な感じなのでしょう。09月の通関ベース「-37億6,800万ドル」程度の赤字ならば、国際収支統計では十分に黒転できる範囲内です。

この09月より、まずは通関ベースながら「-94億8,700万ドル」の大赤字となった08月です。これが国際収支統計でどうなるか。

間もなく公表ですので、ご注目ください。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました