おススメ記事
広告

韓国の家電業界で悲鳴!給料が3カ月出ない「販売不振で在庫急増の地獄」

広告

韓国の家電産業で製品が売れず、在庫が積み上がって絶不調となっています。

韓国メディア『韓国経済』の記事冒頭には、名前は伏せられていますがW社の様子が以下のように書かれています。

21日、業界によると、W社は最近、従業員を対象に無給休暇を要請したり、辞職を要求し始めた。

経営難による構造調整だ。

実績悪化が予想より深刻で、現在の状態では正常経営が難しいという判断からだ。

同社社員は09月から11月まで3カ月間給与を受けられなかった。

今月25日の給料日にも支給の可能性が不透明だと伝えられた。

会社側は月給の一部でも支給すると銀行に融資を頼んでいるが、高金利のせいで容易ではない雰囲気だ。

すでにこの会社の職員数は昨年末より約40%減った。

会社内部では「歴代級経営難」という話が出ている。今年純損失は1,000億ウォンを上回ると予想されている。

工場稼働も事実上停止した状態であると分かった。

W社の関係者は「製品が売れないため、倉庫に在庫が山のように積まれており、工場で製品を生産できない水準」と話した。

在庫資産をお金に換えられず、キャッシュフローが停滞し、工場稼働率まで落ちる悪循環が起きたのだ。
(後略)

⇒参照・引用元:『韓国経済』「「3カ月目も給料をもらえなかった」…家電業界『歴代級寒波』に悲鳴」

この家電会社は3カ月も給料を支給しておらず、12月25日の給料日にも支払えるかどうか分からないというのです。

すでに従業員が2021年末と比較して40%も減少。

韓国の家電業界がひどい状況となっているのは、実は大手でも同じです。在庫が急増していることがその苦しさを示しています。

以下は、2021年と2022年第3四半期での韓国家電大手3社の在庫金額比較です(スマホでは表組は横にスクロールできます)。

2021年末2022年3Q増減率
サムスン電子22兆3,784億ウォン27兆974億ウォン+21.1%
LG電子3兆7,642億ウォン3兆8,418億ウォン+2.1%
SKマジック559億ウォン809億ウォン+44.7%

あの『サムスン電子』ですら3四半期で在庫が21.1%も増加。『LG電子』は2.1%の増加で済んでいますが、『SKマジック』は44.7%も在庫が増加しています。

韓国の家電産業は急速に苦しくなっています。このまま弱体化を続けるかどうかにご注目ください。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました