おススメ記事
広告

ソニー「半導体事業」絶好調! サード・ポイントのバーカ!

広告

ソニーの半導体事業、主力製品である「CMOS画像センサー」が作っても作っても需要に追いつかないという、絶好調な状況です。ソニーは世界の需要増に応えるため、長崎県に新工場を造ったのですが、それでもまだ足りないようです。

CMOS画像センサーは、「マシンの」に当たる重要なパーツです。スマホカメラの多眼化だけでなく、自動運転に対応するクルマのカメラ、高精細な画像が必要になる医療用カメラなど、高機能なCMOS画像センサーのニーズは増加する一方なのです。

⇒参照:『Bloomberg』「ソニー、CMOS画像センサー生産「まだ足らない ―新工場稼働でも」
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-12-23/Q2QK5EDWRGG001

ソニーの半導体事業を分社化しろ? ぷーくすくす

2019年09月には、ソニーの半導体事業を巡ってひと悶着がありました。『Third Point(サード・ポイント)』というアメリカ合衆国の投資ファンドが、「半導体事業のスピンオフ」(分社化)を提案していたのですが、ソニー経営陣は全会一致できっぱりと拒否

ソニーの経営陣が提案を拒否した理由は、「半導体事業はソニーの成長を牽引する重要な事業であり、長期的に企業価値の向上に資する」としました。今のところ全くこの言葉どおりに推移しています。サード・ポイントという投資ファンドは「物言う株主」として有名なのだそうです。

曲がりなりにも株主ですからソニーさん自身が言うわけにもいかないでしょう。筆者が代わりに言っておきます。
サード・ポイントのバーカ! 一昨日(おととい)来やがれ。

(柏ケミカル@dcp)

株式投資のトータルリータンは他の投資用金融商品より大きい
なぜ株式に投資するのか、という単純な問いかけに投資家はどのように答えるでしょうか? Money1の先の記事で紹介してきた投資信託(投信)でもいいじゃないか、FXの方が儲かるぞ! といった意見もあります。「それでも株式投資が一番の理由...
「ショートスクイーズ」とは?
投資関連の話の中で「ショートスクイーズ」という言葉を聞くことがあるかもしれません。 「ショート」は「空売」のことですし、INDEX(指標)のボリンジャーバンド関連の用語として「スクイーズ」という言葉が使われることはご存じかもし...
「景気循環を恐れてはならない」というフィッシャーの言葉は正しいか!?
「長期投資を考えるのであれば、景気循環での下落局面を恐れるべきではない」とは多くの識者が示唆するところです。 Money1でも紹介したことのあるフィリップ・A・フィッシャーは、『株式投資で普通ではない利益を得る』の中で、次のよ...
タイトルとURLをコピーしました