【最新版】あれから服部平次は「せやかて工藤」と言ったか

【Fact1】調べた「驚き」を一生懸命書くサイトです

読んでみよう
from Sponsor
おススメ記事

韓国「最低賃金の戦い」佳境!5年で「賃金1.5倍」の無茶な要求

from Sponsor

韓国では「2021年度の最低賃金」を巡る戦いが佳境を迎えています。

2020年07月09日、第6回「最低賃金委員会」が開催され、労使双方が最低賃金を、

労働者側:9,430ウォン9.8%の引き上げ)
経営者側:8,500ウォン1.0%の引き下げ)

と提示し合いました。これが第1次修正案です。

労働者委員側は最初「1万ウォン」(16.4%引き上げ)を提示していましたから、だいぶ譲歩したようには見えます。

しかし、たとえ9,430ウォンだとしても、上掲のような最低賃金の上昇になるのです。2017年の「6,470ウォン」を100%とすると、「9,430ウォン」だと「146%」。つまり、5年で約1.5倍になります。

このような賃金上昇に企業が耐えられるわけはありません。

何度もご紹介しているとおり、韓国の「最低賃金」の引き上げスピードは異常です。このために韓国企業は製造拠点をどんどん海外に移動させ、二度と戻ってきません。

とはいえ、今さら調整路線に転じるようなブレーキもかけられないでしょう。

韓国の最低賃金は、カタストロフが来るまでリセットできないかもしれませんね。

今度は徹夜だ! This time, It’s “all night”!

第7回の総会は、週明けの07月13日(月)に開催されます。

現在のところ、

13日には徹夜で議論が続き、翌日の14日(火)に最終決定が発表される

と予想されているそうです(笑)。すでに徹夜が前提というイヤな会議です。

結果が出たらまたご紹介するようにいたします。

(柏ケミカル@dcp)

from Sponsor
タイトルとURLをコピーしました