おススメ記事
広告

英メイさんスピーチで5つのトラブル ボリスも立とうよ!

広告

10月04日、イギリスのメイ首相はマンチェスターで開かれた保守党の党大会でスピーチを行いました。……がスピーチの最中に次々と下のようなトラブルに見舞われました。

1.スピーチを始めたのはいいがセキが止まらない

2.スピーチ中にコメディアン(サイモン・ブロドキン)が乱入
 「ボリス(外相)からこれを渡してくれ、と頼まれた」と
 言ってメイさんに解雇通知書を渡す

3.セキがひどいメイさんに、ハモンド財務相がのど飴を渡す

4.メイさんの背後に掲げられていたスローガン
 BUILDING A COUNTRY THAT WORKS FOR EVERYONE
 (全ての人のために機能する国造り)
 から、
 「FOR」の「F」が、「EVERYONE」の後ろの「E」が落ちる

5.メイさんに拍手を送るためみんなが席を立つ。
 しかし、ジョンソン外相は右隣の女性に促されて席を立った

ボリス・ジョンソン外相は、「乱入コメディアンにネタにされた」ことを怒っていたのかもしれませんね。ただ、同氏は「メイ首相下ろしに動く」なんて報じられる人物。メイ首相を揶揄する気持ちで立たないつもりだったのかも。

メイ首相にとっては災難なスピーチでしたが、幸いなことに市場への影響はなかったようです。

(柏ケミカル@dcp)

タイトルとURLをコピーしました