南朝鮮「ウォン」なぜそこでウォンを買う?

2019年12月13(金)およそ06:55-07:00(日本時間)に大きな為替変動がありました。韓国の通貨「ウォン」も大きくウォン高方向へ動いたわけですが、この前後で面白い動きがありましたので、ご紹介してみます。

まず、アメリカ合衆国の通貨「ドル」の強さを示すINDEX(指数)「DXY」のチャートと、イギリスの通貨「ポンド」のチャート「ドルポンド」を時間軸をそろえて見てみます(チャートは『Investing.com』より引用/5分足:以下同)。

(当たり前ですが)上下のトレンドはきれいに一致しています。ドルが強くなればポンドは安くなり、ドルが弱くなればポンドは高くなります。06:55に雪崩のような下落(ドルの力の急速な弱まり・ポンド高)が起こっていますが、これも一致していますね。

次に、「DXY」のチャートと、韓国の通貨「ウォン」のチャート「ドルウォン」を時間軸をそろえて見てみます。

DXYが雪崩のような下落を始めるに、DXYが上昇する(ドルの力(価値)が強くなっていく)時点に合わせてすでにウォン高方向へ大きく進んでいるのがお分かりいただけるでしょうか。

以前からご紹介しているとおり、DXYが上昇するということは基軸通貨(キーカレンシー)であるドルの価値が上がることで、つまり相対的に他の通貨の価値は下がるわけです。実際、上掲のとおりイギリスのポンドもDXYと上昇下落のトレンドは基本一致しています(DXYは複数の通貨から組成されるので当然のことなのですが)。

なぜそこで「ウォン」に行く? 「人民元」でも同じ動きが

当然、ウォンもDXYの上昇下落トレンドに合わせて動きます。DXYが上がればウォンもチャートでは上がり(ウォン安になり)、DXYが下がればウォンもチャートでは下がる(ウォン高になる)のが普通なのです。

ところが上記のとおり、DXYで雪崩のような大きな下落が起こる、12日から13日へ日付けが変わるころ、DXYの上昇に対して、ウォンは逆方向(ウォン高方向)へ急速に進んでいきます。方向性の乖離(かいり)、ディバージェンスです。

つまり、世界で「ドルだー!」といわれている中、なぜか大量の「ウォンを買うぞ!」という「ドル⇒ウォン交換」があったわけです。

その後、DXYが雪崩のような下落を見せ、世界が強くリスクオン方向へ向かい、このディバージェスの発生後はドルウォンチャートもDXYの上下動に基本同調しています。そのため、全体の動向としては「だいたい合ってる」となりました(なんだコレ)。

というわけで、日足レベルではディバージェンスは一応収まったように見えることとなりました。しかし、拡大してみるとこのような「?」という値動きが見られたのです。

ちなみにウォンと同様の動きを見せた通貨があります。中国の「人民元」です。以下のチャートを見てください(ただしオフショアの人民元「CNH」です)。

同様に時間軸を揃えてみたものですが、上昇下落のトレンドが一致しているのがお分かりいただけるでしょう。つまり、人民元もDXYが雪崩のような下落を始める前に、DXYがいったん上昇を始めた段階ですでに人民元高方向へ急速に動いていたわけです。

(柏ケミカル@dcp)

南朝鮮「経常収支」縮小の様子 先行きは明るくは・・・・・・ないかと
先に「韓国の経常収支が1年ぶりに高水準」という記事についてご紹介した際に、2018年-2019年の月別比較のグラフを掲載しましたが、発表月ベース※であったために見にくいものでした。そこで、以下のように〆月ベースで2017年01月-2...
南朝鮮「利下げ」! 景気後退に備える
07月18日、韓国の中央銀行『韓国銀行』は「政策金利を0.25%下げる」ことを発表しました。この3年ぶりの利下げは予測されたものではありますが、ずいぶんな前倒しです。 アメリカ合衆国では「09月までに利下げが行われること」が期...
新大統領の「どうしようもない現状」 その03「不動産問題」
南朝鮮の新大統領が我らの安倍ちゃんと電話で話し、さっそく意見の相違が明らかになったようです。そもそも新大統領・文在寅は、親北政権であった盧武鉉大統領の側近だった人です。あほボンが独裁する国家にシンパシーを抱いているようですので、見え...

コメント

  1. […] 先の記事では、雪崩のような為替変動の中で見られたウォン、人民元の動きについてご紹介しましたが、ドルウォンの動きは「ドル人民元」の動きに似ているといわれたりします。ドル […]

タイトルとURLをコピーしました