おススメ記事
広告

南朝鮮「ウォン」神風でウォン高進む ドル溶かさなくても良かったじゃん

広告

12月12日(木)、一気にウォン高が進行しました(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。これは何も韓国通貨当局が頑張ったおかげではありません。アメリカ合衆国で中国との貿易協定第1弾がまとまるのでは?という観測が、イギリスで総選挙の結果ジョンソン首相の圧勝!という観測が出たためです。

この強力なダブルパンチが繰り出された結果、「それリスクオンだ!」「もう大丈夫!」(ナニが大丈夫なんだ)というわけで、新興国通貨であるウォンにもその影響が出たのです。同じ新興国通貨、中国の「人民元」を見てみますと、同じようにオンショア・オフショア共に一気に元高が進んでいますね。

もし本当に韓国通貨当局が「ウォン安阻止」に直近動いていたとしたら、この一気のウォン高進行は極めて皮肉な結果といえます。「先に言ってよー!」といったところでしょう。分かっていたらドルを突っ込まなくて済んだはずですね。

せっかくウォンが強くなったので今度はドルに換えておくのがいいのではないでしょうか。ただ、それをあんまり行うと合衆国から怒られますけれども。

追記
12日はさすがに世界的な通貨の変動だったため、Money1でお伝えしてきたDXYとドルウォンとのディバージェンスは収まったようです。ワールドワイドな勢いが韓国のドメスティックな事情を吹き飛ばした、そのような動きでした。

(柏ケミカル@dcp)

「人民元」の取引には「オンショア」「オフショア」の2種類がある!
中国の通貨「元」の取引・決済には「オンショア」と「オフショア」の2種類があることをご存じでしょうか? 経済のニュースなどでも中国の元については、「オフショア元の取引」といった記載を見かけるでしょう。 ■人民元の取引・決済は「中...
中国「知的財産権」保護強化の声明を出す
アメリカ合衆国と中国の貿易戦争における対立点の一つは「中国政府・中国企業による知的財産権の侵害」をどのように予防し、取り締まるかです。 先にMoney1でご紹介したように、合衆国からの圧力をかわすために中国は「外商投資法」を急...
中国「うちは途上国」と言い張る! 韓国は降伏
アメリカ合衆国トランプ政権は、かねてよりWTO(World Trade Organizationの略:世界貿易機関)への不満を表明してきました。拒否権がないこと、裁定が遅いこと、さらには合衆国の主張が通らないこと(笑)など、合衆国の...
タイトルとURLをコピーしました