おススメ記事
広告

韓国の起亜「エコカー落第」のクルマをそっと再販!「あ、直さないんだ」

広告

韓国の自動車メーカー『起亜自動車』の格好悪い話です。

2020年03月、起亜自動車はSUV「ソレント」(上掲写真:『起亜自動車』公式サイトより)のハイブリッド版を発売しましたが、発売後に「エコカー」の基準となる燃費「15.8km/L」をクリアしていなかったことが発覚。

燃費は「15.3km /L」だったのです。

そもそも「なぜそんなことが起きるのか」が疑問ですが、それはまあ置くとしても、当該車を市場からさっと引き上げるという、大変に体裁の悪い状況となりました。

ところが、その「ソレント」ハイブリッドの販売を再開した、と2020年07月09日に明らかにしました。

では燃費をクリアしたのかというと、実はそのまま

「公式価格を93万ウォン下げた」「エコカー認定はされないが、低公害車第二種には認定される」のでそのメリットがある※1、と再販を決めたそうです。

なんといいますが、実に韓国企業らしい話ではないでしょうか。「燃費をクリアするまで頑張ればいいじゃない」と思われませんか。

※1公営駐車場と全国14の空港駐車場の駐車場料金が50%になるなどの特典は受けられる。

この件は『中央日報』が報じています。以下のURLを参照くださいませ。

⇒参照:『中央日報』「4カ月ぶりに再び出てきたソレントハイブリッド…価格もハイブリッド?」(原文・韓国語)

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました