おススメ記事
広告

韓国の外貨準備の増減がまた「24億ドル」合わない

広告

2020年10月08日、『韓国銀行』から「08月の国際収支統計(暫定版)」が公表されました。

「国際収支統計」には、外貨準備の増減を計上する項目があるのですが、これがまた『韓国銀行』が公表すた外貨準備の資料にある増減と全然合わないのです。

まず、以下が2020年09月03日に『韓国銀行』が公表した外貨準備の資料です。

2020年07月末時点の「4,165億ドル」から08月末時点の「4,190億ドル」に「24億ドル増加」となっています。

国際収支統計の「外貨準備の増減」は以下です。

国際収支統計では「-3,430万ドル」で、これによれば外貨準備はわずかながら減少していないといけないのです。しかし、上掲のとおり外貨準備は「24億ドル増えた」ことになっています。

天地で「24億ドル」超合いません。

なぜ合わないのでしょうか。謎です。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました