おススメ記事
広告

韓国政府「来年予算558兆」1,354万人分のワクチン購入代金を削る

広告

韓国の来年度予算について与野党合意ができたとのこと。結局、当初予算案の約556兆ウォンから2兆ウォン増えて「約558兆ウォン」となりました。韓国にとってはスーパー拡大予算です。

予算案から7兆5,000億ウォン増額
予算案から5兆3,000億ウォン減額

小計:2兆2,000億ウォン純増

と、予算のあちこちを増やし、削りした結果です。

この2兆2,000億ウォンは国債発行で賄う

とのことで、予定どおり政府債務はまた増えます。

興味深いのは、

新型コロナウイルスのワクチン購入代金:9,000億ウォン

が盛り込まれている点です。先に政府与党は、

ワクチンを4,400万人分1兆3,000億ウォン

としていたのに、これが「9,000億ウォン」に減額されました。ざっくり計算すると、

9,000億ウォン3,046万人分のワクチン購入代金

1,354万人分のワクチン購入代金を削ったわけです。また、韓国の人口はざっくり約5,200万人なので、人口比で約59%のカバー率ですが、これで本当にワクチンは足りるのでしょうか。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました