おススメ記事
広告

「韓国は1~2年内に大低迷する」と専門家予測!「成長率の下落」に表れている

広告

韓国メディア『韓国経済』に「『韓国、1〜2年以内に大低迷くる』… 未来への警告」という非常に興味深い記事が出ました。

同記事は、2020年12月03日に開催された韓国経済ミレニアルフォーラムの忘年会(!)で顔をそろえた『KDI』などシンクタンクの長の予測が「経済の回復は期待よりも遅いだろう」と口をそろえたことを基に書かれています。主旨としては、

景気先行指数はコロナ以前から低迷していた
不動産と金融システムが崩壊する可能性もある

①については、Money1でもご紹介してきたとおりで、一例として韓国が全く頼りきっている輸出はすでに下り坂で、コロナ禍で大きくへこみましたが、実はそれ以前から縮小が始まっていたのです。

②については、じゃぶじゃぶ状態になったお金が不動産・株式市場に猛烈な勢いで流れこんでいることへの懸念です。一種のバブル状態ですから、資産価値の急落が起こったらどうなるのか?というわけです。

同記事では『ビッグ・チェンジ、コロナ19以降の未来のシナリオ』を著したチェ・ユンシク先生にインタビューを行っています。注目ポイントを以下に引用します。

(前略)
――最近、半導体景気が続いており、電気自動車のバッテリーなどの他の項目の輸出も堅調では?

半導体好況で錯覚を起こした2017~2018年を除けば、韓国の輸出はほとんど増えなかった

2019年9月の数値は2010年末と似ている。2019年の最低値は2008年7月の高値と差がない

韓国国内総生産(GDP)が2010年は1兆940億ドルで、2018年の1兆7,200億ドルまで増加する間に実質輸出規模は下落したのだ。

個人的には、韓国の輸出は10年前に後退したという評価である。
(後略)

⇒参照・引用元:『韓国経済』「『韓国、1〜2年以内に大低迷くる』… 未来への警告」

チェ先生は非常に冷徹です。数字は全くそのとおりですので。さらに以下です。

コロナ19以降、景気が反発するも、多くの国は自国の経済の回復のために保護貿易主義を強化する。

中国企業の追撃も激しくなる中で、韓国の輸出は少なくとも3〜4年間、困難な状況から抜け出せないだろう

これは、すでに成長率の下落で可視化されている

アメリカ合衆国の経済成長率が5%から2%まで落ちるのにかかった時間は34年だった。

ドイツは27年で、日本は25年かかった。

しかし、韓国はわずか7年しかかからなかった。

1%台に墜落するのにかかった時間は日本は4年韓国は1年である。合衆国とドイツはコロナ事態まで2%台の成長率を維持していた。

――コロナ19以前に構造的な問題で韓国経済が低迷するということか?

そうだ。(後略)

いかがでしょうか。チェ先生の見方は韓国にとって厳しいものかもしれませんが、まさに正鵠を射たものではないでしょうか。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました