おススメ記事
広告

訪韓した楊潔篪(けっち)が「GSOMIA破棄」を促したら

広告

中国の「楊潔篪(ようけっち)」外交官が2020年08月21-22日に韓国を訪問しました。各種協議を行ったとのことですが、その具体的な内容については漏れてきません。

しかし、アメリカ合衆国と中国の対立が激しくなり、誰も味方してくれない中国からすれば、韓国だけでも取り込みたいところでしょう。

少しでも言うことを聞きそうですからね。ですので「圧力を掛けて言うことをきかせる」のはもちろんのこと、あらゆる手を使うでしょう。

韓国は貿易をカタに取られるとスグに音を上げる

中国が持っている一番有力なカードは「経済」です。

韓国の最大の輸出先は中国
中国が韓国からの輸入を止めたら、韓国経済は悪化する

という状況ですから、かつての「THAAD事態」のように、貿易をカタに取られると韓国はすぐに音を上げそうです。

しかし、

中国が潰れて経済的に困窮したら結局韓国も困窮する

ので、別に中国のいうことを聞いても聞かなくても同じなのです。

それなら「まだまし」な方を選択すべきでしょう。もちろん、ましな方とは「北京向きじゃない方」です。

つまるところ、韓国は「最大の輸出相手国が中国」という時点で、すでに「どうしようもない」といえるのです。よせばいいのに、『サムスン電子』が中国に大きな半導体工場を造ったりしていますしね(もう逃げられないでしょう)。

「GSOMIA」を破棄させるのは中国にとってお得な手

ここからは邪推です。

中国が韓国に「GSOMIAを破棄したらどうか」と誘ったらどうでしょうか。

日本に思い知らせることができるぞ
もともと破棄したがっていたじゃないか
反日の意思を示すことになって国民の支持が上がるぞ

などと吹き込むわけです。

(愚かなことに)もし韓国がノったら、合衆国に一撃を与えることができますし、その結果、韓国は自由主義陣営から「中国側だ」と見られるようになり、中国側にさらに寄らざるを得なくなるでしょう。

中国からすれば、韓国を自陣営に引き込めるいい手のように思えます。

韓国が「脅迫者のセオリー」を理解していれば、甘言にはノらないでしょうが……。

妄想はともかく、楊潔篪は韓国政府に何を要求したのでしょうか? 情報が待たれます。

楊潔篪(ようけっち)とは何者か? 中国一の合衆国通が訪韓する
中国の外交畑で重要な位置を占める「楊潔篪(ようけっち)」外交官が訪韓するとのこと。 アメリカ合衆国と中国共産党の対立が激化する中での訪韓ですので、「中国が韓国を自陣営に踏みとどまること」を確認するのではないかなどの憶測が飛んでいます。...

「General Security of Military Information Agreement」の略。日本語では「軍事情報包括保護協定」と訳されます。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました