おススメ記事
広告

韓国「旅行業」 廃業4,155社に! 旅行業者の23%が失われた

広告

2020年新型コロナウイルス騒動は各国の観光・旅行業に甚大な被害を与えました。『韓国旅行業協会』(略称:KATA)の調査によって、韓国内の同業は壊滅状況になっていることが判明しています。

『KATA』は2021年02月04日「全国旅行会社実態全数調査」を公表しました(2020年上半期の結果調査です)。

これによると、2020年に廃業した旅行会社は202社とされていたのですが、事実上の廃業状態となっている会社を入れると「4,155社」にも上ります。

廃業申請完了:202社
申請がまだだが廃業状態:3,953社
小計:4,155社

ひどいのは売上です。以下の2019年との比較をご覧ください。

2019年2020年上半期
5千万ウォン未満27.6%82.5%
5千万~1億ウォン未満16.9%4.9%
1~5億ウォン未満33.8%8.6%
5~20億ウォン未満15.1%2.9%
20億ウォン以上6.6%1.0%

2019年には「1~5億ウォン未満」が「33.8%」で最多だったのですが、2020年上半期には「5,000万ウォン約470万円未満」が「82.5%」となりました。

売上「約470万円」ですから、これではやっていけるわけがありません。

4,155社ですから、総数1万7,664社の韓国旅行業者の「約23.5%」が失われたことになります。

ちなみに、『KATA』は2021年02月09日に「コロナ19により加盟実績集計が正常に行われず」として、統計データの提供を中断する通知を出しています。

⇒参照・引用元:『KATA』公式サイト

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました