おススメ記事
広告

韓国「家計負債」過去最大を更新!「1,726兆ウォン」

広告

韓国借金の話などもう聞き飽きたかもしれませんが、「どこまでいくんだろうなぁ」と生暖かい目で見ていただけたらと思います。

先日のは政府債務でしたが、今度は韓国のご家庭についての「家計債務」です。

2021年02月23日、『韓国銀行』が公表した「2020年第4四半期中の家計信用(暫定)」によれば、家計債務は以下のようになりました。

2020年第4四半期末
家計債務:1,726兆1,000億ウォン約163兆9,795億円
(対前期比:44兆2,000億ウォン2.6%増加

まず、この「1,726兆1,000億ウォン」は2003年の統計作成開始以来の過去最大です。

第3四半期末の家計債務が「1,681兆8,000億ウォン」(約159兆7,710億円)でしたので上記のとおり「約44兆ウォン」(約4兆1,800億円)増加しました。

通年での増加額はなんと「125兆8,000億ウォン」(約11兆9,510億円)。この増加幅も過去最大です。

韓国は2020年に政府・企業・家計の三部門で大きく借金を増やしました。借金の増加速度が早すぎて危ないと『IMF』(International Monetary Fundの略:国際通貨基金)、『BIS』(Bank for International Settlements:国際決済銀行)から警告は発せられています。

どこまで伸びるのか、またどこでドボンになるのかにご期待ください。

⇒参照・引用元:『韓国銀行』公式サイト「2020年第4四半期中の家計信用(暫定)」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました