おススメ記事
広告

韓国の雇用は最悪!大手企業の「64%」が雇用凍結!

広告

日本ではあまり報じられませんが、韓国では失業・雇用問題が「1997年のアジア通貨危機」以来最悪の状況となっています。これを証明するような調査が韓国のシンクタンク『韓国経済研究院』(略称:KERI)から公表されました。

韓国の売上Top500社にアンケートを行ったのですが、

2021年上半期に採用計画がない、あるいは1人も採用していない:63.6%
新規採用計画がまだない:46.3%
新規採用が0の予定:17.3%

という驚くべき結果です。

大手企業の2/3が2021年上半期に新規採用が「0」なのです。通年でも「0」の予定という企業は17.3%にも上ります。

雇用を凍結する理由もまた非常に興味深いものです。以下をご覧ください。

国内外の経済と業種景気低迷:51.1%
雇用の硬直性:12.8%
必要職務に適した人材の確保が困難:10.6%
最低賃金の引き上げなど負担増:8.5%

赤いアンダーラインを引いた理由については、文在寅政権の施策のせいです。コロナ禍は確かに雇用を減らした大きな要因ですが、文政権がそれに追い打ちをかけたのです。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました