おススメ記事
広告

中国御用新聞が「米は8カ国同盟は再現できない」と書く!効いているようです

広告

現在の新冷戦の状態を「清朝末期」にたとえる識者もいらっしゃいます。アメリカ合衆国と中国の対立状況が世界各国を巻き込み「反中国」としてまとまりつつあり、それが1900年に北京に攻め込んだ「8カ国連合軍」を彷彿(ほうふつ)とさせる――というのです。

中国側でもそれをひしひしと感じているようで、中国共産党の英語版の御用新聞『Global Times』に以下のようなタイトルの記事が出ました。

US cannot replicate ‘Eight-Nation Alliance’ against China

アメリカ合衆国は中国に対する「8カ国同盟」を再現できない

同記事は、クアッドにフランスが参加して軍事演習を行った(2021年04月03~05日)ことを受けたもの。記事の一部を以下に引用します。

(前略)
クアッドメンバーは、より多くのパートナーと協力しているように見える。

しかし、実際には「Quad-plus-French drill」(先に行われた軍事演習:筆者注)のような動きは象徴的なものに過ぎず、地域情勢に大きな影響を与えるものではない。

中国はもはや120年前の姿ではない。

アメリカがいくら同盟システムを強化しても、新しい「8カ国同盟」を作ることはできないだろう

⇒参照・引用元:『Global Times』「US cannot replicate ‘Eight-Nation Alliance’ against China」

1900年当時の8カ国連合軍メンバーは、

アメリカ合衆国
イギリス
ドイツ
フランス
イタリア
日本
ロシア
オーストリア・ハンガリー帝国

でした。こうして見るとメンバーはそう変わっていません。ロシアは「どさくさまぎれのかすめ取り」が得意な国ですので、対立が激化し中国が負けそうと見れば、ころっと連合に参加する可能性が高いでしょう。

中国が虚勢を張っているようにも見える記事です。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました