おススメ記事
広告

韓国「人口知能・車載半導体」競争力は60点!中国・台湾が韓国を脅かす

広告

また韓国の『全国経済人連合会』のリポートです。同団体は、韓国政府に産業界への支援を行うように促す各種リポートを公開しますが、今回のリポートもその種のものです。

韓国の半導体専門家100人に聞き取り調査を行った、「韓国半導体ディスプレー技術学会」との共同調査の結果ですが、

「人工知能半導体」「車両用半導体」の設計の分野
・技術競争力:60点
・人材需給:55点

最高の先進国企業のレベルを100として

という結果で、これから非常に伸びが期待でき、産業として大きくなると予測されているのに、韓国の技術力は十分ではなく、また人材の確保もできていないと結論付けています。

アンケート調査によれば、韓国の半導体産業に懸念される項目として以下のように回答されています。

半導体の高度な技術人材の需給と養成システムの不足:14%
主要国の自国優先主義の深化によるグローバルバリューチェーンの不安定:13.5%
国内半導体素材・部品・機器のグローバル競争力の不備:12.3%

さらに、韓国の半導体産業に「最も否定的な影響を与えるもの」は? というアンケートでは以下に票が集まりました。

中国政府主導の半導体集中投資と追撃
(否定的と見る:85.0%)

台湾企業のファウンドリ事業の大規模な投資と政府の支援
(否定的と見る:85.0%)
/div>

中国、台湾に韓国の地位が危うくされると考えている専門家が多いのです。

⇒参照・引用元:『全国経済人連合会』公式サイト「半導体専門家『人工知能・車載用半導体の競争力は60点レベル』」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました