おススメ記事
広告

韓国「文政権での借金増」が非難される。建国から朴政権まで660兆。文政権だけで400兆積む

広告

2020年はコロナ禍で二進も三進もいきませんでしたから、韓国政府がお金をまいて流動性を高めるしかありませんでした。この流動性を高める動きは世界的なもので韓国政府(加えて『韓国銀行』)の施策は間違ったものではありません。

しかし、韓国政府の債務(D1)は異常な速度で増加しました。以下は2020年以降の政府債務推移予測です。

文在寅政権が発足した2017年に国家債務がいくらだったかというと「660兆ウォン」(約64.7兆円)でした。それが2022年には「1,091.2兆ウォン」(約106.9兆円)に増えるのですから、

文在寅政権下で韓国の政府債務は431.2兆ウォン(約42.3兆円)増加した

ことになるのです。ちなみに2020年中に政府債務は120兆ウォン(約11.8兆円)増えました。

建国以来で660兆だったのに文政権だけで400兆超え

しかも、これはあくまで現時点での予測で、韓国政府が次の2021年第2回目の補正予算を組んでばらまきを行えば、さらに債務は増えるかもしれません。

先にご紹介したとおり、企画財政部の洪楠基(ホン・ナムギ)長官は「税収が増えたので大丈夫」という立場を表明していますが、結果がどうなるのかはまだ不明です。

そしてこの点がまさに韓国の野党議員から批判されています。韓国メディア『毎日経済』によれば、野党『国民の力』のユン議員はSNSで以下の用に批判しているのです。

「昨年120兆ウォンに近い借金を出して、今年になり税収が予想以上に多く入ってくると、文大統領はそのお金は補正に使わなければならない、とした

「国家財政法上、超過した税収は負債返済に使わなければならないという原則は、はなから知ったことではないと言っているのだ」

⇒参照・引用元:『ソウル経済』「윤희숙 “文, 작년 한해만 120조 원 ‘빚’ 해도 해도 너무한다”」

予想外の税収が入ってきたといってそれをすぐにまくのはいかん、と主張されています。面白いのは以下のくだりです。

国が作られた後、二度の経済危機を経て、朴槿恵政権までに積んだ借金をすべてひっくるめても660兆なのに、文在寅政権だけで借金が410兆

いわれてみると確かに文政権はすごいです。

次期大統領候補No.1は国債をどんどん刷れという立場

もっとも日本が国債発行で飛ぶことがないのなら、韓国も大丈夫なのかもしれませんが。ちなみに次期大統領候補No.1といわれる李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事はこの立場です。これまた先にご紹介したとおり、李知事は「国債をいくら発行しても(それを韓国内で引き受けている限りは)破綻することはない」と発言しています。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました