おススメ記事
広告

韓国野党『国民の力』の大統領候補「8人」決まる!

広告

韓国次期大統領選挙が熱くなってきています。

2021年09月15日、韓国の最大野党『国民の力』は第1次カットオフの結果を公表しました。11人いた立候補者から8人に絞られました。


↑第2次カットオフに進む8人を公表する『国民の力』のプレスリリース

安相洙(アン・サンス:안상수)

『国民の力』常任顧問。

元喜龍(ウォン・ヒリョン:원희룡)

現在の済州道知事。

劉承旼(ユ・スンミン:유승민)

経済学者で前国会議員。

尹錫悦(ユン・ソギョル:윤석열)

文在寅政権において検察総長を務めた。

崔在亨(チェ・ジェヒョン:최재형)

文在寅政権下で鑑査院長を務めた。

河泰慶(ハ・テギョン:하태경)

国会議員。

洪準杓(ホン・ジュンピョ:홍준표)

国会議員。

黄教安(ファン・ギョアン:황교안)

元検事で、朴槿恵(パク・クネ)前政権で法務部長官と首相を務めた。

⇒参照・引用元:『国民の力』公式サイト「第20代大統領候補選挙2次カットオフ進出者発表」

本日16日には、この8人による初の討論会が行われます。

以下の日程で『国民の力』の統一候補が誕生します。

2021年10月08日:第2次カットオフで2人に絞る
2021年11月05日:統一候補選出

政府与党『共に民主党』では極左といわれる李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事独走状態ですが、果たして『国民の力』の方はどうなるでしょうか。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました