おススメ記事
広告

韓国「自走砲K9を2兆ウォン輸出」の真相は?「メディア vs 青瓦台」の顛末

広告

実に韓国らしい話になりました。

韓国文在寅大統領が中東を歴訪し、(帰国してから)「エジプトが韓国の自走砲K9を2兆ウォン分買う」という発表がありました。


↑韓国の『K9自走砲』PHOTO(C)Defense Citizen Network

以下が青瓦台・大統領府が2022年02月01日に出したプレスリリースです。

<<以下に注目ポイントを和訳>>

文在寅大統領は、本日エジプト現地で行われた「K9自走砲輸出契約締結」と関連し、「今回の契約は2兆ウォンを超えており、K9自主砲としては最大規模の輸出を記録しただけでなく、韓国の武器体系の優秀性が再び認められるきっかけになった」と話しました。

本日、『ハンファ・ディフェンス』はエジプト国防省と両国の主要関係者が参加した中でエジプト砲兵会館でK9自主砲輸出契約を締結する快挙を成し遂げました。

(中略)

文大統領は「私たちの国民に良い知らせをプレゼントするため、祝日の連休を返却し、努力を傾けてきた関係者の努力が大きかった」と感謝と励ましの言葉を伝えました。

(中略)

また、文大統領は「契約が成立するまで、防衛産業企業(ハンファ・ディフェンス)と防衛庁だけでなく、国防部、合参、陸軍、国防科学研究所さらに、外交部、産業部、輸出入銀行などが有機的な協力をしながら輸出契約を実現させたという点で、ワンチーム精神が際立った」と評価しました。
(後略)

⇒参照・引用元:『韓国 大統領府』公式サイト「K9自走砲2兆ウォン台の最大規模でエジプトに輸出。我が武器の卓越性を認められるきっかけとなりました」

文大統領の言葉の中に「輸出入銀行」についての言及があります。

なぜ国策銀行『輸出入銀行』が入っているのでしょうか。これについて韓国メディアが契約の舞台裏について報じました。

報道によれば、エジプトがK9自走砲を購入する代金については、韓国の『輸出入銀行』が「最大80%」まで貸与するというのです。

つまり、輸出代金が2兆ウォンだとして、1.6兆ウォンは、『輸出入銀行』が出すわけです。

韓国の防衛産業企業『ハンファ・システムズ』は韓国の『輸出入銀行』から輸出代金のほとんどを受け取ります。

もちろん、こうすると輸出代金の取りはぐれが最大限防げて、『輸出入銀行』は金利分のお金も受け取れますから、総じて見れば韓国にとってはお得な取り引き――ということができます。

また、『輸出入銀行』の仕事はそもそも韓国企業の輸出を促進するために信用供与することなので、特に『輸出入銀行』が特別なことをしたわけではありません。

むしろ、このようなファイナンスサービスもつけないと韓国の兵器は買ってもらえないでしょう。

もちろん、エジプトが『輸出入銀行』にきちんとお金を支払うなら――ですが。

大統領への批判をかわすために結んだ契約では?という疑惑

しかし、韓国メディアはこのような取り引きの構図が「エジプトに有利な契約だ」と批判的に報じています。

これ自体が「自分にとって損になることが許せない」韓国らしい話なのですが、メディアが批判するのにもわけがあるのです。

文大統領はエジプトを訪問してなんの成果も挙げなかったじゃないか」という批判をかわすために、青瓦台・大統領府が「不利な条件でも成約しろ」と圧力をかけたためではないのか――という疑念を持っているからです。

先にご紹介したとおり、文大統領は感染拡大で国内が混乱している中、中東歴訪に出ました。そもそも「Youは何しに中東へ」という外遊として批判されていたのです。

で、結局やっぱり成果はありませんでした。UAEが『天弓2』を購入してくれましたがこれは先に決定していたことですし、文大統領がエジプトにいた間には「K9の契約」をまとめることができなかったのです。

帰国した文大統領は「手ぶらで帰国した」と揶揄されました。

そこで、この大統領への批判をかわすため、青瓦台・大統領府が無理に契約を締結させたのではないのか、というわけです。

話としては面白いのですが証拠がありません。

そこで韓国メディアは、政府に対して「契約の中身の詳細を公開しろ」と要求したのですが、青瓦台・大統領府は「そんなものを明らかにしたら他の国と交渉するときに不利になる」と一蹴しました。

実に韓国らしい話だとは思われないでしょうか。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました