おススメ記事
広告

韓国新政権「赤字国債なしで補正予算を組む」。難題を一つクリアしたことになるが……

広告

韓国尹錫悦ユン・ソギョル政権の第一の関門になると見られていた、第2次補正予算の件がとりあえず、計画上はフィックスした模様です。

補正予算の規模を「33兆ウォン+ α」規模としてまとめ、財源は「赤字国債の発行なし」で済ませるとのこと。

もしこれが本当であれば、苦難の船出となった尹錫悦ユン・ソギョル新大統領は難題を一つクリアしてみせたことになります。

大統領選挙公約では、「小商工人・個人事業主への損失補てん」を50兆ウォン(人との距離を取る・営業時間の制限などの政府施策によって損失を被ったので)――としていました。

前文在寅政権が第1次補正予算「16兆7,000億ウォン」を組んでまきました。

ですので、公約の50兆ウォンから、約17兆ウォンを引いて、残りの「33兆ウォン + α」を第2次補正予算とする――というわけです。

尹錫悦ユン・ソギョル新大統領は、「赤字国債の乱発」にも反対していましたのでこちらも守ったことになります。

問題は、その「33兆ウォン + α」をどうやってひねり出したのか、です。

「国税収入が予定よりも増えた分と支出の構造調整でなんとかする」という報道は韓国メディアに出ているのですが、どこの支出を削ったのかなど詳細が見えていません。

またぞろ「F-35Aの調達を先送り」などでなければいいですね。

韓国政府が「また」F-35A導入用の予算削る!韓国空軍の戦闘機がそろわない
韓国政府は第5次災害支援金などを国民に給付するために、34.9兆ウォン(約3兆3,155億円)という史上最大の補正予算を組みました。 洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は、赤字国債を発行することなくこの金額を確保したとしまし...

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました