おススメ記事
広告

韓国政府が「また」F-35A導入用の予算削る!韓国空軍の戦闘機がそろわない

広告

韓国政府は第5次災害支援金などを国民に給付するために、34.9兆ウォン(約3兆3,155億円)という史上最大の補正予算を組みました。

洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は、赤字国債を発行することなくこの金額を確保したとしましたたが、そのあおりを食って削られた予算があるのです。

いくら税収が予想よりも多かったといっても、なにせ34.9兆ウォンですから、予算をやりくりしないと賄(まかな)えませんでした。

注目いただきたいのは「国防費」です。

韓国の『財政研究所』によれば、予定していた44事業のうち「22事業」で予算をカットされたのです。

カットされた「防衛事業庁」の関連事業支出総額は5,680億ウォン(約540億円)になります。予算を削減された事業の中身を見てみますと……。

敵味方識別装置の性能改良事業:1,000億ウォン
次世代戦闘機F-35Aの導入事業:920億ウォン

地上戦術C4Iシステムの2次性能改良事業
衛星位置確認システム(GPS)事業
パトリオット性能改良事業
etc

予算を削っても大丈夫なのか、という事業ばかりが並んでいますが、韓国空軍のF-35Aまた予算を削られました。


↑「F-35A」。日本の航空自衛隊が導入しています。PHOTO(C)『日本国 航空自衛隊』

また」というのは、同じことが2020年04月にも起こったからです。

Money1では以下の記事でご紹介しましたが、災害支援金を給付するために国防予算が削られ、このときもF-35Aが割を食いました。

韓国政府「資金確保」のため「ステルス戦闘機F35導入」を諦める!「為替介入」の原資も減る!
2020年04月16日、韓国メディア『毎日経済』に「ステルス機を買うお金を災害支援金に…国防費9,000億ウォン削減」という記事が出ました。 韓国政府は新型コロナウイルス騒動によって生活が危うくなった国民に「緊急災害支援金」を支給する...

また、韓国版軽空母事業を推進するために空軍のF-35Aよりも先に(垂直離着陸可能な)F-35Bを導入しようという動きもしております(アメリカ合衆国が売ってくれるかどうかは不明です)。

韓国軍「軽空母」用の「F-35B」20機を先に購入すると言い出す!「F-35A」は先送り(笑)
にわかに信じがたい報道が出ました。韓国の国防部が「F-35Aに追加でF-35Bを20機購入する」ことを決め、10月の合同参謀会議で最終承認を受ける予定だというのです。 韓国メディア『中央日報(日本語版)』の記事から以下に引用し...

韓国空軍の次期主力戦闘機はいつ調達が終わるのでしょうか。どうも遠い道のりのように思えますが……。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました